『ROCK MUSICAL BLEACH』が4年ぶりに復活 - 2016年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

久保帯人の同名漫画を原作とした『ROCK MUSICAL BLEACH』が、4年ぶりに復活。今夏、東京と京都で上演される。

「週刊少年ジャンプ」で連載中の本作は、主人公の高校生・黒崎一護が、死神として虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦うアクション作品。国内外から多くのファンを集めるヒット作となり、ミュージカル版は、2005年から上演が重ねられている。

死神たちの世界「尸魂界(ソウル・ソサイエティ)」を表現した楽曲名“もうひとつの地上”をタイトルに冠した今回。原作の「尸魂界篇」を描いた、08年の「THE ALL」をベースに、新たな楽曲と演出を加えたステージを送る。

■堤泰之(脚本・演出)
「大切なものを護るための戦い」が始まります。久しぶりに『ROCK MUSICAL BLEACH』に関わることとなりました。とても楽しみです。ワクワクしています。新しい一護と出会えるんです。新しいルキアが歌うんです。新しい護廷十三隊が暴れまくるんです。そして、新しい曲が聴けるんです! 昔からご覧いただいている方にも、初めてご覧いただく方にも喜んでいただけるよう、役者・スタッフ一丸となって精いっぱい頑張ります。パワーアップした『ROCK MUSICAL BLEACH』にご期待ください!

インフォメーション

『ROCK MUSICAL BLEACH〜もうひとつの地上〜』

【スタッフ】原作=久保帯人「BLEACH」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 脚本・演出=堤泰之

2016年夏

■東京公演
・会場=AiiA 2.5 Theater Tokyo

■京都公演
・会場=京都劇場

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8401