KERA×井上芳雄×小池栄子の新作は「昭和三部作」完結編に - 2016年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「昭和三部作新作」左からKERA、井上芳雄、小池栄子

▲ 左からケラリーノ・サンドロヴィッチ、井上芳雄、小池栄子


井上芳雄&小池栄子の出演で、17年2月に上演が予定されているケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の新作が、『東京月光魔曲』(2009年)、『黴菌』(2010年)に続く「昭和三部作」の完結編となることが分かった。

昭和の東京をモチーフとし、Bunkamuraシアターコクーンで発表してきた昭和三部作。第1弾『東京月光魔曲』では、昭和初期の庶民生活に西洋趣味が入り込み、モダン文化が花開くころを舞台に、猟奇殺人事件、姉弟の禁断の愛、新興宗教など、華やかさに溢れる東京の影の姿を浮かび上がらせた。続く第2弾『黴菌』では、恐慌と戦争で価値観の転換を迫られた昭和20年を舞台に、没落に向かう富豪一族とその周囲の人びとをシニカルにつづった。

そして、『黴菌』から7年の時を経てシリーズ完結を迎える今回は、今から約50年前、東京オリンピックを目前に控えた1963年ごろが舞台となる。わずかな年月で敗戦から復活を遂げた日本にとって、輝かしい成果を世界に示す晴れの舞台だった東京オリンピック。向上心や野心、情熱、欲望を抱える人びと、時流に乗り遅れた人びとなど、オリンピックとの因縁に翻弄される人間たちの群像劇を描き出す“あったかもしれないオリンピックの物語”になるという。

インフォメーション

シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ2017
「昭和三部作完結編(タイトル未定)」

【スタッフ】作・演出=ケラリーノ・サンロドヴィッチ
【キャスト】井上芳雄/小池栄子 ほか

2017年2月
・会場=Bunkamuraシアターコクーン
・一般前売=11月予定

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8402