高畑充希が神山健治監督の新作アニメ映画「ひるね姫」で主人公の声優を担当 - 2016年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


映画「ひるね姫」主人公・森川ココネ(上)と高畑充希

▲ 主人公・森川ココネ(上)と高畑充希


アニメ「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズ、「東のエデン」、「精霊の守り人」などを手掛けた神山健治監督の新作アニメ映画「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」が2017年に公開。本作の主人公・森川ココネの声を高畑充希が務める。

本作は、オリンピックを2日後に控えた2020年の日本が舞台。岡山に父親と二人で暮らす女子高生・森川ココネは、所かまわず昼寝をしては怒られる日々を過ごしていた。そんな彼女はある時、最近いつも同じ夢を見ていることに気付く。窮屈で、でもどこか温かいその夢は、彼女の知らない家族の秘密に繋がっていたのだった……。

TVアニメには2度出演経験のある高畑だが、アニメ映画にはこれが初挑戦。今回のオファーについて高畑は「(アニメ作品は)表情は自分じゃないのでとても難しいです」「私は自分の声はクセが強いように感じているので、声優としてオファーを受けた時はうれしかった半面“私でいいんだろうか”とも思いました」と心境を明かしながらも「神山監督が丁寧にキャラクターを伝えてくださったので、できるだけ監督のイメージに合うように、何度でもトライしたいと思います」と意気込んでいる。

岡山県倉敷市児島を舞台にした本作では、高畑は岡山弁を披露することになる。「今年だけで3つめの方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と意欲を見せ、自身の声が収録された特報を見て、「ココネちゃんはみんなが愛せる、“かわいすぎない”キャラクターで親近感があります。舞台となる岡山の風景も美しくて、行ってみたくなりました」と語った。

最後に、本作のタイトルにかけて「昼寝は得意ですか?」という質問には「お昼寝はめっちゃ得意です(笑)。現場の空き時間ではだいたい寝ています。共演者に寝顔を撮られることも」と話し、キャラクターとの相性もバッチリのようだ。

インフォメーション


映画「ひるね姫」

【スタッフ】監督・脚本=神山健治
【キャスト】声の出演=高畑充希 ほか

2017年全国公開
・配給=ワーナー・ブラザース映画

関連サイト

関連アイテム

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8422