徳尾浩司、喜安浩平、土屋亮一が脚本執筆 欅坂46初主演連続ドラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」が7月よりテレビ東京で放送 - 2016年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
テレビ東京「徳山大五郎を誰が殺したか?」 欅坂46

▲ 欅坂46


アイドルグループ「欅坂46」が連続ドラマ初主演を務める「徳山大五郎を誰が殺したか?」が、7月よりテレビ東京で放送。本作の脚本を徳尾浩司(とくお組)、喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)、土屋亮一(シベリア少女鉄道)が執筆する。

秋元康が企画・原作を手掛ける本作は、シュールな笑いに包まれた学園ミステリードラマ。物語は、ある朝、教室に担任の男性教師の遺体が横たわっているところから始まる。ひょんなことから通報せずに思わず死体を隠してしまったことから、しばらくの間、担任の死体とともに過ごさねばならなくなってしまった女子高生たち。教室に先生の死体があることを、バレないように、必死に隠しながら過ごす奇妙な学校生活が始まる……。

教室には毎回、教師や刑事、記者など誰かが訪れる。果たして彼女たちは死体を隠し通すことはできるのか? そして、誰が先生を殺したのか? 彼女たちの、“非日常的な日常”を通して、イマドキの女子高生たちの一見、自分勝手で残酷な行動と、その裏に秘めた素顔を描き出す。

メンバー総出演となる本作に向けて、メンバーたちは「演技にも興味があり、やってみたかったのでドラマの話を聞いたときはすごくうれしかったです! 一人ひとりの役にしっかりとキャラクターがあるので、きっと面白い作品になると思います!」(平手友梨奈)、「初めての経験で、表現することの難しさを感じていますが、いつもとは違う私や、いつもとは違う欅坂46を見ていただけたらうれしいです!」(今泉佑唯)、「ずっと演技に挑戦したい気持ちがあったのでうれしいです! 私は初めての演技です。今までまったく経験がなく不安もありますが、最後まで頑張り抜きたいと思います!」(鈴本美愉)、「欅坂46のドラマがこんなに早くできるなんて思っていなかったので、とてもうれしいです。初めてなので、不安なこともたくさんあるし、とても緊張しますが、精いっぱい頑張ります!」(渡辺梨加)、「いつかやってみたいと思っていた全員でのドラマがこんなにも早く実現してすごくうれしいです! 観ていて楽しんでいただけるように、頑張りたいです!」(小林由依)など、それぞれに意気込みを見せている。

ドラマは、「土曜ドラマ24」枠で毎週土曜0:20より放送。なお、Amazon プライム・ビデオでは、テレビ放送の1週間前から独占配信が行われる。

インフォメーション

土曜ドラマ24
「徳山大五郎を誰が殺したか?」

【スタッフ】企画・原作=秋元康 脚本=徳尾浩司(とくお組)/喜安浩平(ブルドッキングヘッドロック)/土屋亮一(シベリア少女鉄道) 監督=豊島圭介/古厩智之/吉田浩太
【キャスト】欅坂46 ほか

2016年7月より毎週土曜深夜0:20〜
・テレビ東京系列/Amazon プライム・ビデオ配信

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8443