60〜70年代のアングラムーブメントを彩ったポスターを展示 「アートシアター新宿文化・蠍座ポスター展」が渋谷で開催中 - 2016年5月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「エクサレント足立正生 ピンクのバラード」1971年 宣伝美術:小島武

▲ 「エクサレント足立正生 ピンクのバラード」1971年 宣伝美術:小島武

画像を見る(全10枚)


1960〜70年代に新宿・アングラ文化のムーブメント発信地となった劇場「アートシアター新宿文化」「アンダーグラウンド蝎座」。この二つの劇場で行われた、演劇・映画作品のポスターの展覧会が、渋谷のポスターハリスギャラリーにて、21日より開催中だ。

「アートシアター新宿文化」とは、1962年4月にATG(日本アートシアターギルド)により誕生し、ブニュエル、ゴダール、トリュフォー、大島渚、寺山修司など非業的な映画作品を上映した映画館。上映終了後の21時半からも前衛劇を上演し、寺山修司が『毛皮のマリー』『星の王子さま』を上演したほか、俳優だった故・蜷川幸雄さんが演出家デビューを果たすなど、数々のスターを輩出してきた。

そして、「アンダーグラウンド蝎座」は、新宿文化の地下に映画・演劇の実験劇場として、67年につくられた小劇場。三島由紀夫が名付け親となった同劇場では、新宿文化に比べ、よりアングラな、既成概念にとらわれないアヴァンギャルドな作品が上演され、人びとを魅了した。

若者のカウンターカルチャーが世を席巻した60〜70年代という時代の象徴となった二つの劇場。今回の展覧会では、新宿文化の演劇公演と、蝎座の演劇・映画作品のポスター約50点のほか、パンフレットやチラシなどの関連資料も展示されている。

なお、会期中には映画上映やトークイベントなども実施。詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 「エクサレント足立正生 ピンクのバラード」1971年 宣伝美術:小島武
  • 「若松孝二のシネ・メタモルフォーゼ」1970年 宣伝:小島武
  • 劇団人間座「血塗られし胎内列車に乗り合わせる三人半」1667年 宣伝:宇野亞喜良
  • 櫻社「盲導犬」1973年 宣伝美術:蟹江征治
  • 演劇実験室◎天井棧敷「毛皮のマリー」1967年 宣伝美術:横尾忠則
  • 「ドナルド・リチイのラブ・コレクション」1668年 宣伝美術:小島武
  • 「若松孝二のソウルなデモンストレーション」1968年 宣伝美術:小島武
  • 「大和屋竺・沖島勲のシネマ・シャウト」1969年 宣伝美術:小島武
  • 「大島渚・狂乱の系譜」1969年 宣伝美術:小島武
  • 演劇実験室◎天井棧敷「星の王子さま」宣伝美術:宇野亞喜良

インフォメーション

「アートシアター新宿文化・蝎座 ポスター展」

2016年5月21日(土)〜6月26日(日)
・会場=ポスターハリスギャラリー( 渋谷・文化村通りドン・キホーテ裏)
・月曜休廊
・料金=一般500円/学生300円(パスポート制/会期中、再入場可)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8448