一護役はDream5・高野洸 今夏復活の『ROCK MUSICAL BLEACH』キャストが公開 - 2016年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『BLEACH』2016 メインビジュアル

▲ 『ROCK MUSICAL BLEACH〜もうひとつの地上〜』

画像を見る(全8枚)


今夏開催される『ROCK MUSICAL BLEACH』の公演情報と、黒崎一護らのキャスト・ビジュアル第1弾が解禁された。

原作は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の久保帯人の同名漫画。主人公の高校生・黒崎一護が、死神として虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦うアクション作品だ。ミュージカル版は、2005年から上演が重ねられており、今回の上演は4年ぶりの復活となる。

死神たちの世界「尸魂界(ソウル・ソサイエティ)」を表現した楽曲名“もうひとつの地上”をタイトルに冠した今回。原作の「尸魂界篇」を描いた、08年の「THE ALL」をベースに、新たな楽曲と演出を加えたステージを送る。

黒崎一護役で主演を務めるのは、アーティストとしても活躍し、2.5次元作品では今回が初主演となるDream5の高野洸。そのほか、朽木ルキア役の甲斐千尋、阿散井恋次役に崎山つばさ、市丸ギン役に遊馬晃祐、吉良イヅル役に健人、卯ノ花烈役に平田裕香、山田花太郎役に橋本真一といったメンバーがそろった。

そして、彼らのキャストビジュアルとともに、高野のコメントと、これまでに黒崎一護を演じてきた伊阪達也、法月康平のコメントも到着した。

■高野洸
小学生のころ、友達と一緒に観ていました。そんな「BLEACH」に関われるということに幸せを感じています。そして主演という大役がいまだ信じられません。かっこよすぎる黒崎一護が僕に務まるか不安ですが、共演者の皆さんと最高の舞台にします。やれることをやって、稽古に臨みたいと思います。すごく楽しみな気持ちでいっぱいです。皆さんの理想の一護になれるよう、頑張りますので観に来てください!

■伊阪達也
『ROCK MUSICAL BLEACH』は、僕の青春でした。初演から10年、どれだけ周りに愛してもらっていたか、お客さまに見守られながら成長していった作品でした。思い出すだけで心が温かくなって涙が出そうになります。「BLEACH」の持ってる力だと思います。全部一人で背負い込んで戦ってる一護は、いまだに僕の理想の男です。新しい『ROCK MUSICAL BLEACH』が、さらにみんなに愛されますように。戦いに必要なのは……覚悟だ! どうか僕たちの時のように温かく見守ってください。応援してます。あの時のメンバーを代表して、伊阪達也

■法月康平
僕の初舞台であった『ROCK MUSICAL BLEACH』。その『ROCK MUSICAL BLEACH』が帰ってくると聞いて本当にうれしかったです。僕は一護を演じることで、自分の中にある強い部分、弱い部分を知ることができました。そしてみんなとのきずなも。一護だけではなくそれぞれが、それぞれのキャラを演じる中で自分と重なる部分がきっとあるはず。新しい『ROCK MUSICAL BLEACH』を僕も今からとても楽しみにしています。熱い夏を駆け抜けてください!
2代目黒崎一護 法月康平

この記事の写真

  • 『BLEACH』2016 メインビジュアル
  • 『BLEACH』2016 黒崎一護役:高野洸
  • 『BLEACH』2016 朽木ルキア役:甲斐千尋
  • 『BLEACH』2016 阿散井恋次役:崎山つばさ
  • 『BLEACH』2016 市丸ギン役:遊馬晃祐
  • 『BLEACH』2016 吉良イヅル:健人
  • 『BLEACH』2016 卯ノ花烈役:平田裕香
  • 『BLEACH』2016 山田花太郎役:橋本真一

インフォメーション

『ROCK MUSICAL BLEACH〜もうひとつの地上〜』

【スタッフ】原作=久保帯人「BLEACH」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載) 脚本・演出=堤泰之 音楽監督・作曲=玉麻尚一 作詞=うえのけいこ
【キャスト】高野洸/甲斐千尋/崎山つばさ/遊馬晃祐/健人/平田裕香/橋本真一/馬場良馬/美山加恋/猪野広樹/本田昂也/橋本全一/永田崇人/高橋ユウ/川上将大/塩田康平/松林篤美/倉知あゆか ほか

■東京公演
2016年7月28日(木)〜8月7日(日)
・会場=AiiA 2.5 Theater Tokyo

■京都公演
2016年8月24日(水)〜8月28日(日)
・会場=京都劇場

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8463