松山ケンイチ&早乙女太一主演×中島かずき脚本×入江悠監督 WOWOWドラマ「ふたがしら」続編が9月放送 - 2016年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
WOWOW「ふたがしら2」 1

▲ 早乙女太一(左)と松山ケンイチ

画像を見る(全2枚)


松山ケンイチ&早乙女太一のW主演で、昨年放送されたWOWOWの連続オリジナルドラマ「ふたがしら」の続編が放送される。

オノ・ナツメの同名漫画をドラマ化した本作。松山演じる明るく豪快な弁蔵と、早乙女演じる、頭脳明晰でクールな宗次という二人の盗賊が、“脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく”をモットーに、巧妙な駆け引きと騙し合いの中、鮮やかに“つとめ”を遂行していくエンターテインメント時代劇だ。シーズン1のラストでは、自分たちの盗賊一味「壱師」を築いた弁蔵と宗次。シーズン2では壱師のかしらとなった二人の江戸の頂点を目指す新たな戦いが描かれる。

前作に続き監督を入江悠、脚本を中島かずきが担当。原作では描かれていない壱師創成期のオリジナル・ストーリーも盛り込まれるという。

■松山ケンイチ
まずはWOWOWの方々に念願の続編をつくっていただいたことを感謝しています。そして、ほとんどのスタッフ・キャストがまた集結できたことも感謝します。今回は2回目ということで、演じてみたかった壱師のふたがしらになってからのお話ですので、皆、新たな気持ちで楽しんでいます。
【見どころについて】
まず若造から一家の頭になっている二人の成長がありますが、それを支える壱師の面々との関係も前作にはなかったので、そこも見どころです。太一君はますますパワーアップした宗次を演じていてコミカルな演技も入れて笑いをこらえながら共演しています。
【メッセージ】
壱師という闇の世界に生きるファミリーのお話です。楽しいこともあれば生き死にに関わる事件も起きる。普段味わうことのできないものを時代劇の裏稼業を通して見ることができる作品です。そして、男のカッコよさ、女の艶やかさを意識した作品でもありますので美意識の高い人は必見です。よろしくお願いします。

■早乙女太一
前作をやっている時から「続きができればいいね」という話をしていたので、その時はできるかどうかわからなかったのですが、とにかく1作目を楽しんでもらえるようにつくっていました。それが放送され、好評で2ができることを聞いたので、素直にとてもうれしかったです。前回でできなかった部分や出せなかったところを今回の「ふたがしら2」で何かやりたいな、何かチャレンジできればいいなという感じです。
【見どころについて】
松山さんとの共演は一番初めが舞台で、その後が「ふたがしら」でした。前作ではわりと性格も反対で、なかなか馬が合わないあべこべなコンビだったのですが、前作からきずなが生まれて結束が高まってからの2につながるので、違う関係性の中でのお芝居ができればいいなと思います。
【メッセージ】
前作から基本の部分は変わりなく続くのですが、変化があったり、進化があったり、壊れる部分があったり、大変見どころがたくさん詰まったものになっていますので、ぜひ見てください。よろしくお願いします。

■入江悠
続編の決定とてもうれしいです。監督として初めて経験させていただいた京都での時代劇撮影、また挑戦できるのが何よりもうれしいです。素晴らしいキャスト・スタッフの皆さんとまた一緒に「ふたがしら」の世界に入っていきたいと思います。作品としてさらなるグレードアップを目指したいと思います。
【見どころについて】
前回は向こう見ずな若者たちの冒険譚であり、旅立ちの物語でしたが、今回はどっしりと腰をすえた物語になります。主人公たちの前には強大なライバルが立ちふさがり、江戸を舞台にめくるめく盗人たちの活躍が描かれます。演出的、撮影的にも前作を超えるスケールに挑戦したいと思います。ぜひご期待ください。

同じ記事の写真

  • WOWOW「ふたがしら2」 1
  • WOWOW「ふたがしら2」 2

インフォメーション

連続ドラマW「ふたがしら2」

【スタッフ】原作=オノ・ナツメ「ふたがしら」 監督=入江悠/吉田亮 脚本=中島かずき
【キャスト】松山ケンイチ/早乙女太一 ほか

WOWOWプライム
・9月放送予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8469