“大人の観客もじっくり楽しめる” 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』製作発表会 - 2016年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 1 上段左から清水大星、佐久間仁、野中万寿夫、芝清道、阿部よしつぐ、吉賀陶馬ワイス、下段左から田中彰孝、飯田達郎、海宝直人、フェリペ・ガンバ、吉田智誉樹、岡村美南、宮田愛

▲ 上段左から清水大星、佐久間仁、野中万寿夫、芝清道、阿部よしつぐ、吉賀陶馬ワイス、下段左から田中彰孝、飯田達郎、海宝直人、フェリペ・ガンバ、吉田智誉樹、岡村美南、宮田愛

ギャラリーで見る(全11枚)


劇団四季が12月より四季劇場[秋]で上演するミュージカル『ノートルダムの鐘』の製作発表会を行った。

ヴィクトル・ユーゴーの代表作であり、これまでに幾度も映画化、舞台化されている小説「ノートルダム・ド・パリ」に発想を得た本作。15世紀末のパリを舞台に、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住む男カジモドと彼をひそかに世話する聖職者フロロー、警備隊長フィーバス、そして、3人が愛するジプシーの娘エスメラルダが織り成す愛の物語がつづられる。

劇団代表取締役社長の吉田智誉樹は「ディズニー・ミュージカルはファンタジックで幸福感のあるイメージですが、本作はドラマチックで宿命感にあふれる立体的な人間ドラマ。完成度の高い楽曲と、シアトリカルでシンボリックな演出で描かれる非常に大人向けの作品です。これまでのディズニー作品はファミリー層に幅広く親しまれていますが、『ノートルダムの鐘』は大人のシアターゴアーズにもじっくり楽しんでいただける、今後の四季の上演活動を支える新たなレパートリーになりえる」と語った。

その後、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズのフェリペ・ガンバがプレゼンテーションを行った。ガンバは、まず、ユーゴーの原作誕生の背景を「200年前、ヨーロッパの芸術・知識人は合理主義からロマン主義へ移行していた時代。その変化に伴い芸術家たちは、心の矛盾・葛藤を抱えた複雑な登場人物をつくり出すことができたんです」と説明した。

アラン・メンケン(『アラジン』『美女と野獣』)作曲&スティーヴン・シュワルツ(『ウィキッド』)作詞のコンビが音楽を手掛け、1996年にディズニー映画版が公開。その後、99年に最初の舞台版がドイツで上演されているが、今回上演されるのは、ピーター・パーネル(脚本)、スコット・シュワルツ(演出)が参加し、2014年(カリフォルニア州サンディエゴ、ラ・ホイヤ劇場)と15年(ニュージャージー州ペーパーミル劇場)に上演されたバージョンだ。

ガンバは作品のポイントについて「スコットたちが大事にしたのはユーゴーの小説に戻ったこと。ディズニー映画版はユーモアの要素とハッピーエンドを取り入れたものになっていますが、本作では複雑で多層的な関係性・人物像など、大人な作品へのアプローチを盛り込みました。また、音楽を作品の中心に据え、前面に押し出したものになっています」と語った。そして「スコットたちの選択により、原作の持つ深く詩的で美しいものを表現できている。このテーマ描かれ方は、日本のお客さまも感動させられるかと思います」と期待を寄せた。

また会見では、カジモド役候補の海宝直人が“Out There”、エスメラルダ役候補の岡村美南が“God Help the Outcasts”、カジモド役候補の飯田達郎が“Made of Stone”を披露。濃密な人間ドラマを感じさせる作品世界を垣間見せた。

メインキャスト5役が発表された後、フロロー役候補の芝清道がキャストを代表してあいさつ。「私自身この『ノートルダムの鐘』の音楽を聴いた時に心が震え鳥肌が立ちました。そして、原作を読んだ時に胸がいっぱいになりました。このような素晴らしい作品の開幕に携わることができて、大変光栄です。初日というスタートラインに向かってスタッフ・キャスト一丸となり、全身全霊で稽古に挑み、この作品の感動を多くの皆さまにお届けできるよう全力を尽くしていきたいと思います。12月の開幕をぜひ楽しみにお待ちください。よろしくお願いいたします」とメッセージを送り会見を締めくくった。

公演は12月11日(日)から17年6月までを予定。チケットの一般前売は、10月15日(土)に開始予定。

この記事の写真

  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 1 上段左から清水大星、佐久間仁、野中万寿夫、芝清道、阿部よしつぐ、吉賀陶馬ワイス、下段左から田中彰孝、飯田達郎、海宝直人、フェリペ・ガンバ、吉田智誉樹、岡村美南、宮田愛
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 2 劇団四季代表取締役社長・吉田智誉樹
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 3 ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ、フェリペ・ガンバ
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 4 海宝直人
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 5 岡村美南
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 6 飯田達郎
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 7 左から田中彰孝、海宝直人、飯田達郎
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 8 野中万寿夫(左)と芝清道
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 9 岡村美南(左)と宮田愛
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 10 佐久間仁(左)と清水大星
  • 劇団四季『ノートルダムの鐘』会見 11 阿部よしつぐ(左)と吉賀陶馬ワイス

過去の関連記事

 

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8490