赤澤燈、井澤勇貴、杉江大志ら出演で「新メサイア・プロジェクト」が始動 - 2016年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『メサイア』左から赤澤燈、井澤勇貴、杉江大志

▲ 左から赤澤燈、井澤勇貴、杉江大志


高殿円の小説をもとに、舞台や映画などで展開されてきた「メサイア・プロジェクト」が新たに始動。新作舞台「暁乃刻(あかつきのとき)」とプレイベント「宵宮乃刻(よみやのとき)」の開催が決まった。

物語の舞台は、冷戦状態に突入した世界各国が熾烈な情報戦を繰り広げ、スパイが暗躍する世界。タイトルにある“メサイア”とは、「サクラ」と呼ばれる精鋭スパイ同士が「任務に失敗した時に、どんなことがあっても互いを救う」という約束を結ぶただ一人のパートナーのことだ。

特別公安五係に所属する機密学校「チャーチ」で、サクラ候補生たちのドラマが描かれる本シリーズ。サスペンス+スパイという要素に、俳優たちが織り成すアクション+スピード感を融合させ、好評を博してきた。

このたび、昨年までシリーズの制作を行ってきたCLIEから、オデッセーがプロジェクトを引き継ぎ、脚本・演出などのスタッフ陣はそのままに新たなスタートを切ることに。第1弾として、赤澤燈、井澤勇貴、杉江大志らの出演で、舞台『メサイア−暁乃刻−』が2017年2月に東京と大阪で上演されることとなった。さらに、今年9月には舞台公演に先駆けて、プレイベントの開催も決まった。ファンは今後のシリーズ展開に注目しよう。

インフォメーション

舞台『メサイア−暁乃刻(あかつきのとき)−』

【スタッフ】原作・ストーリー構成=高殿円「MESSIAH−警備局特別公安五係」(講談社文庫) 脚本=毛利亘宏(少年社中) 演出=西森英行(Innocent Sphere)
【キャスト】赤澤燈/井澤勇貴/杉江大志/橋本真一/山沖勇輝/長江崚行/安里勇哉/大塚公祐/伊藤孝太郎/山田ジェームス武/小谷嘉一/中原裕也/大澄賢也 ほか

■東京公演
2017年2月11日(土)〜19日(日)
・会場=サンシャイン劇場

■大阪公演
2017年2月25日(土)・26日(日)
・会場=森ノ宮ピロティーホール

各公演とも
・料金=プレミアムシート10,800円(前方エリア席、非売品パンフレット付)/一般席7,500円


プレイベント「メサイア−宵宮乃刻(よみやのとき)−」

【キャスト】赤澤燈/井澤勇貴/橋本真一/山沖勇輝/長江崚行/安里勇哉/伊藤孝太郎/小谷嘉一 ほか

2016年9月17日(土)13:00/15:30/18:00開演
・会場=ニッショーホール
・料金=全席指定3,800円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8539