小池徹平&三浦春馬主演 ミュージカル『キンキーブーツ』公開稽古 - 2016年6月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『キンキーブーツ』稽古 1 手前左から三浦春馬、小池徹平、ソニン

▲ 手前左から三浦春馬、小池徹平、ソニン

ギャラリーで見る(全12枚)


『キンキーブーツ』稽古 12 左からソニン、小池徹平、三浦春馬

▲ 左からソニン、小池徹平、三浦春馬

画像を拡大

このほかの写真も見る

小池徹平&三浦春馬の主演で上演されるブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。7月21日(木)の開幕に先駆けて、本作の一部シーンが都内の稽古場で公開された。

経営不振に陥った靴工場の跡取り息子チャーリーが、ドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨てドラァグクィーン専門の“キンキー・ブーツ”で工場を再生させていく過程を描いた本作。この日、キャストたちは、キンキーブーツをつくるアイデアを出し合う“Step One”と“Sex In The Heel”の2曲をエネルギッシュなパフォーマンスで披露してくれた。

囲み会見に登壇した、小池と三浦、ソニンはそれぞれに「いい感じで進んで全体が見えてきてるので、日本版『キンキーブーツ』を早く見せられたらと切磋琢磨しています」(小池)、「的確なアドバイスをいただきながら毎日毎日奮闘してます。出来上がりが僕自身楽しみです」(三浦)、「ブロードウェイで初めて観た時から、これは絶対に日本で受け入れられる、みんなが楽しめるストーリーだとビビビッ!ときた作品。最高のキャストでできていることを噛みしめて日本オリジナルの良さを皆さんに伝えたい」(ソニン)と話し、稽古は順調に進んでいる様子を感じさせた。

本作は、05年のイギリス映画をシンディ・ローパーの音楽でミュージカル化し、トニー賞作品賞をはじめ計6部門を獲得したヒット作。実際にブロードウェイで作品を体感したという三浦は「本当に作品に力があるし、観終わった後、シンディ・ローパーの楽曲が何日も頭に鳴っていました。それだけ音楽が自然に自分の中に入ってくる上に、テーマも楽しくしっかりと届けてくれる。もし、日本でやるなら絶対にオーディションを受けたいと思いました」と魅力を力説した。

ドラァグクイーンのローラとして、ピンヒールを身に付けながらもしなやかでパワフルなダンスを披露した三浦。「初めてヒールを履いた時は、もう役が決まっていたのでうれしい気持ちと日本人で僕が初めてローラを演じる重みを感じました。でも、(ヒールの高さで)視界が上がったと同時に、志や意識も上がった気がします」と真摯に語った。

そんな三浦に、小池&ソニンは「カッコいい」「ヒールを履いてる様子に違和感がない」と太鼓判。さらに、ソニンは「ローラの突き抜けたセクシーさに惹かれるしワクワクする。心が踊るくらいに美しくて迫力があるし、口がぽかーんと空いてしまうんです。それくらい春馬くんの熱心な気持ちが出ています」と絶賛すると、三浦は「僕だけの力じゃなくて、振付家や女性の皆さんが力を貸してくれるから」と謙虚に答えていた。

一方、初共演となった小池のことを問われ、三浦が「みんなのことを見てくれてる。僕にも(ローラは)難しい役だからプライベートまでみんなを引っ張らなくていいよ、身体の力を抜けよとアドバイスしてくれて」と明かすと、この言葉に小池は照れた様子。仲の良さがうかがわせる二人にソニンは「私は、そんな二人が熱く語っている姿を遠目に見て楽しんでいます」と笑いながら、「二人とも役が難しいので稽古中は集中してるけど、休憩に入るとすごくフレンドリーでほんわかしてる。カンパニーの一体感、家族感は二人の人柄のおかげ」とコメントした。

また、会見中には最近の芸能人の恋愛報道にからめて、キャストたちの“アモーレ”の話題も。「小池のアモーレが三浦では?」というコメントも飛び出すと、3人は「それだったら大事件だよね(笑)」(小池)、「そうしていただくと公演も盛り上がりますね」(ソニン)、「好きだけどアモーレまでの情熱はないかな(笑)」(三浦)とそれぞれに笑い合っていた。

和やかなムードでカンパニーのチームワークの良さを垣間見せた3人。最後に小池は「本番に向けてより一層素晴らしい作品になるように努力していきますので、劇場でご覧いただければうれしいです」とメッセージを送り会見を締めくくった。

新国立劇場 中劇場で、7月21日(木)から8月6日(土)まで公演が行われた後は、オリックス劇場での大阪公演(8月13日〜22日)を経て、東急シアターオーブで東京凱旋公演(8月28日〜9月4日)が行われる。さらに、10・11月に行われる来日公演にも注目だ。

この記事の写真

  • 『キンキーブーツ』稽古 1 手前左から三浦春馬、小池徹平、ソニン
  • 『キンキーブーツ』稽古 2 小池徹平
  • 『キンキーブーツ』稽古 3
  • 『キンキーブーツ』稽古 4
  • 『キンキーブーツ』稽古 5
  • 『キンキーブーツ』稽古 6
  • 『キンキーブーツ』稽古 7
  • 『キンキーブーツ』稽古 8
  • 『キンキーブーツ』稽古 9
  • 『キンキーブーツ』稽古 10 三浦春馬
  • 『キンキーブーツ』稽古 11 三浦春馬
  • 『キンキーブーツ』稽古 12 左からソニン、小池徹平、三浦春馬

インフォメーション

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

【スタッフ】脚本=ハーヴェイ・ファイアスタイン 音楽・作詞=シンディー・ローパー 演出・振付=ジェリー・ミッチェル 日本版演出協力・上演台本=岸谷五朗 訳詞=森雪之丞
【キャスト】小池徹平/三浦春馬/ソニン/玉置成実/勝矢/ひのあらた/飯野めぐみ/白木美貴子/施鐘泰(JONTE)/穴沢裕介/森雄基/風間由次郎/森川次朗/遠山裕介/浅川文也/佐々木誠/高原紳輔/中村百花/丹羽麻由美/舩山智香子/清水隆伍/加藤潤一 ほか

■東京公演
2016年7月21日(木)〜8月6日(土)
・会場=新国立劇場 中劇場
・料金=全席指定S席13,500円/A席12,000円

■大阪公演
2016年8月13日(土)〜22日(月)
・会場=オリックス劇場
・料金=全席指定S席13,500円/A席11,500円/B席9,500円/C席7,500円/D席5,500円

■東京凱旋公演
2016年8月28日(日)〜9月4日(日)
・会場=東急シアターオーブ
・料金=全席指定S席13,500円/A席12,000円/B席10,000円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8546