NHK「SWITCHインタビュー 達人達」で前田司郎がお化け屋敷プロデューサー・五味弘文と対談 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
NHK「SWITCHインタビュー 達人達 前田司郎×五味弘文」 1

▲ 五味弘文(左)と前田司郎

ギャラリーで見る(全4枚)


劇団「五反田団」主宰・前田司郎が、16日(土)放送のNHK「SWITCHインタビュー 達人達」に出演。お化け屋敷プロデューサーの五味弘文と対談する。

これまでに70ものお化け屋敷を世に送り出し、600万人以上を恐怖の世界へと導いてきた五味。今回、そんな彼に「会いたい」と、前田が名乗りをあげた。劇作・演出家として舞台で活躍するかたわら、小説や映画制作も手掛け、多彩な表現方法を追求する前田は「芝居で笑わせたり感動させることと、人を怖がらせることは似ている気がして」と恐怖専門の五味に興味を抱いたという。

待ち合わせは五味のホームグラウンドである都内の遊園地。前半では、前田は五味のお化け屋敷を体感する。五味のお化け屋敷の醍醐味は「ストーリーとミッションを取り入れた体験型であること」「予想を裏切る展開」「お化けが出現する絶妙な間合い」であり、前田は、これらが演劇に通ずる手法だと大興奮。また、人はなぜお化け屋敷に惹かれるのか? 五味はなぜ恐怖を一途に追求しているのか? 恐怖から生まれる特殊な楽しさを前田独自の目線で分析する。

後半は、五反田にある前田のアトリエで、五味が前田の作品世界に迫っている。小泉今日子と二階堂ふみを主演に迎えた、前田の最新映画「ふきげんな過去」は、日常と非日常、生と死が混在する街のひと夏を二階堂演じる女子高生の視点で描く。“死”を作品のテーマに据えることが多い前田は「死者と生者は思っているほど線引きがない」「生きているって、結局は死に続けていること」と彼ならではの死生観を展開する。

放送は、NHK-Eテレにて7月16日(土)22:00〜23:00。

この記事の写真

  • NHK「SWITCHインタビュー 達人達 前田司郎×五味弘文」 1
  • NHK「SWITCHインタビュー 達人達 前田司郎×五味弘文」 2
  • NHK「SWITCHインタビュー 達人達 前田司郎×五味弘文」 3
  • NHK「SWITCHインタビュー 達人達 前田司郎×五味弘文」 4

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8574