デーモン閣下参戦&ミニライブ「バブライブ」開催 『ママと僕たち』第3弾が上演中 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

若手俳優たちと脚本・演出を手掛ける村上大樹(拙者ムニエル)との顔合わせで送る『ママと僕たち』シリーズの新作「〜たたかえ!!泣き虫 BABYS〜」が、8日より、AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演中だ。

物語の舞台は、最新おもちゃから古ぼけたレアものまで、おもちゃがいっぱいの「おもちゃの国入口」駅。駅の中にある保育園「夢のきしゃぽっぽ保育園」では、人形が突然命を宿したり、何でも願いをかなえてくれるという怪しいおもちゃが現れたりと、不思議な出来事が次々と起こり始める。さらに、そこへ地球侵略をもくろむエイリアンまでもが襲来! 原嶋元久、今井ゆうぞう、佐藤永典、木戸邑弥、井澤勇貴、三浦海里、上村海成らに加え、デーモン閣下も参戦し、ママのピンチのために奮闘する赤ちゃんたちの姿をにぎやかに描く。

さらに、終演後には「バブライブ」と題したミニライブが行われるほか、抽選で赤ちゃんたちとの記念撮影といったお楽しみ企画も用意されているなど、夏祭りのような楽しさを盛り込んだ公演となっている。

■村上大樹(脚本・演出)
ついに『ママ僕』第3弾の幕が開きました! 「いい大人が赤ちゃん役とかヤバくない!?」そんな先入観を抱いている皆さんにこそ観てほしい! 『ママ僕』には舞台ならではの仕掛けがあります。舞台だからこその展開があります。おバカで生意気で、ママのことが大好きな赤ちゃんを演じきる俳優陣の姿を見て、大いに笑って、キュンときて、スカッとした気持ちで劇場を後にしてほしい。もちろん前作、前々作を知らない方も問題なく楽しめます! 本編終了後にはミニライブもあり! ノンストップで盛りあがる2時間15分の“ひと足早い夏”を体験しに来てください!

■原嶋元久
今日から長いようで短く感じる不思議な旅の始まりです。「いち・に」の皆さんがつないでくれたバトンを全員でしっかり受け取り、そして、この作品を愛してくれた皆さんに感謝して、最後まで全
員で走り抜けます。“楽しい時間はあっという間に過ぎる”『ママと僕たち』は皆さんを、“あっという間に過ぎる楽しい時間”に引き込みます:)☆  劇場でお待ちしております! 最後まで応援よろしくお願いいたします。

■デーモン閣下
グハハハ〜! 『ママ僕』で一体どんな役をやるのか? 吾輩自身もとても楽しみにしていた。そして、なるほどそう来たか! という役柄になっている。この役づくりは、諸君には一見簡単そうに見えるかも知れないが、実はとても難しい。日々格闘中だ、若いイケメンたちの鋭気を吸い取りながらな。え、何が難しいのか? それは観に来てのお楽しみだ。笑ったり泣いたりして楽しめ!

東京公演は18日(月・祝)まで、その後、22日(金)から24日(日)まで、梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて大阪公演が行われる。

この記事の写真

  • 『ママと僕たち〜たたかえ!!泣き虫BABYS』開幕 1
  • 『ママと僕たち〜たたかえ!!泣き虫BABYS』開幕 2
  • 『ママと僕たち〜たたかえ!!泣き虫BABYS』開幕 3
  • 『ママと僕たち〜たたかえ!!泣き虫BABYS』開幕 4
  • 『ママと僕たち〜たたかえ!!泣き虫BABYS』開幕 5

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8575