A.B.C-Zが報道陣と名刺交換 『ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜』製作発表会 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜』会見 1

『ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜』会見 2

▲ メンバーの名刺

画像を拡大

ジャニーズ事務所の5人組グループ「A.B.C-Z」が主演を務め、10月に日生劇場で上演される『ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜』の製作発表会が都内で行われた。

この日は、メンバーの橋本良亮が23歳の誕生日を迎えたこともあり、似顔絵が描かれた特製ケーキを用意してのサプライズ演出も。塚田が橋本にケーキを食べさせてあげる一幕があったりと、和やかなムードの会見となった。

本作で、5人が演じるのは、天涯孤独のブロガー・いしけん(橋本良亮)、優し過ぎて自分を出せないコンビニバイトのジョー(戸塚祥太)、ネットを炎上させてクビになった予備校教師・修也(河合郁人)、ひきこもりながらネットで将棋を追求するくりくり(塚田僚一)、くりくりの憧れの的でありながら悩める天才棋士・桂馬(五関晃一)と、それぞれに傷を抱えた青年たち。そんな彼らが、人生に悩む人びとをサポートする「株式会社 応援屋」に集まり、誰かを全力で応援することで友情をはぐくんでいく姿を描く。

演出は、昨年のABC座・第一部「サンズ・オブ・ザ・マッシュルーム」を手掛けた錦織一清。錦織はビデオメッセージで「普段、応援してもらっている立場の人間が、物語を通して人びとを応援するというところから着想しました」と語った。

メンバーはそれぞれに「昨年の錦織さんの演出はスパルタでしたが、それを今年も受けられるのは楽しみ」(橋本)、「僕らはABC座でスタートしたんだなと思い出しています。これまで、関係者やファンの皆さんに力をいただいてきたので、感謝の気持ちを舞台を通じて伝えられたら」(戸塚)、「8月のライブで僕らは応援してもらうので、舞台では僕らが応援します。ですが、ライブの前にアルバム発売もあるので、そこでも応援していただけると、舞台でより応援できますのでよろしくお願いします(笑)」(河合)、「ファンの方から“夢や希望、勇気をもらいました”と言われますが、僕らもパワーをもらってるので、その気持ちを伝えられたら」(五関)、「錦織さんは、いろいろの世代の目線を持っているので、いろいろな人たちに楽しんでもらえると思います。あとは、それぞれに舞台をやってきたので、ここで集結したメンバーの演技面のクオリティーをあげたいですね」(塚田)と意気込みを見せた。

脚本・音楽は、今年1月に錦織とともにミュージカル『JAM TOWN』を手掛けた西寺郷太が担う。この再タッグは、河合曰く「僕らからオファーしたようなもの」とのこと。「『JAM TOWN』を観て、音のつなぎ方が自然で、スッとストーリーに入っていけるところに惚れました。そこで、僕らとできないですか? と頼んだことがきっかけなんです。『JAM TOWN』も良かったんですけど、それ以上のものをつくるつもりでタッグを組んでいきたい」と意欲的に話した。

ABC座は、2012年のDVDデビューとタイミングを同じくし旗揚げされた。「これまでの5年を振り返って」と問われたメンバーたち。近年はTVのバラエティー番組でも親しまれている塚田は「個人的に、5年間で呼ばれ方が変わりました。最初は“ジャニーズの人”だったけど、1〜2年目は番組でオーストラリアに行ったことから“オーストラリアの人”に、次に“金髪の人”、最終的に“塚ちゃん”になりました。ありがとうございます!」と笑顔で感謝すると会場から拍手が起こった。

河合は「『ジャニーズ伝説』という初代ジャニーズの物語を任せてもらえたこと。プレッシャーはあったけど、ジャニー(喜多川)さんとお話できたことは貴重でしたし、自分たちもこういうグループになりたいと思える舞台でした」と回想すると、戸塚と五関も「密度が濃くて、半年経たないうちに再演もさせてもらったし、僕ら自身の活動も濃かった。今回は、それに匹敵するくらいのものが生まれるんじゃないかと楽しみにしています」(戸塚)、「稽古中に昔話をするジャニーさんの表情がすごく楽しそうで印象的でしたね」(五関)とうなずいた。

橋本が「ジャニーさんと会えたこと自体が素晴らしいこと。将来、ジャニーさんのことを自慢したい! すごくいい人だったし」と語ると、メンバーからは「過去の人みたいに言うなよ」と総ツッコミを受けていた。

このように、話題の中では、たびたび“ジャニー喜多川”の名前が上がるが、今回のスタッフ陣には名を連ねていない。このことに話題が及ぶと、河合は「昨年はほぼ毎日、ステージを観てくださいましたし、今年は任せてもらえたような感じです。寂しいですけど錦織さんもいますし、ジャニーさんの魂は受け継いでるので、ジャニーさんっぽいところは出していきます」と気合を入れた。

また、会見中には、英文雑誌出版社から「出版・雑誌業界への応援をしてほしい」というリクエストも。塚田はこれに「フレー!フレー!メディア!!」と力いっぱいのエールを送って会場を盛り上げていた。

さらに、一旦、会見が終了したところで5人が、報道陣との名刺交換をするというユニークな企画も行われた。

交換回を終えて、河合は「いつもお世話になっている方と、面と向かって名刺交換する機会はないから、いつもと違う緊張感がありました。でも名刺交換に憧れがあったし、いい経験になりました」と充実した様子をのぞかせると、橋本は「僕らもジャニーズ事務所の名刺がほしい! シルバーでキラキラしててすごくカッコいいんです(笑)」とコメント。報道陣から、名刺を渡す姿勢のヒップラインをほめられた塚田は、ビシッとしたきれいな姿勢を再現し「感謝の気持ちを表すと自然とこうなっちゃう」と笑顔を見せた。

インフォメーション

『ABC座2016 株式会社 応援屋!!〜OH&YEAH!!〜』

【スタッフ】脚本・音楽=西寺郷太 演出=錦織一清
【キャスト】A.B.C-Z(橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一)/佐藤正宏/鈴木ほのか ほか

2016年10月5日(水)〜27日(木)
・会場=日生劇場
・一般前売=9月3日(土)開始

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8583