韓国版『イン・ザ・ハイツ』の日本上演が決定 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります


『イン・ザ・ハイツ』韓国版

▲ 韓国公演より

ギャラリーで見る(全2枚)


本年度のトニー賞で11部門を獲得した『ハミルトン』でも注目を集めるリン-マニュエル・ミランダ。彼を一躍スターダムへと押し上げた代表作『イン・ザ・ハイツ』の韓国版が、8月19日(金)より、Bunkamuraオーチャードホールにて上演される。

本作の舞台となるのは、移民が多く暮らすマンハッタン北西部の都市ワシントンハイツ。移民たちが夢や希望を抱きながらエネルギッシュに生きていく姿が、ラップ、ヒップホップ、ストリートダンスを取り入れながら、パワフルに描かれる。

2007年にオフ・ブロードウェイで初演された本作は、翌年にはオンへと進出。トニー賞では最優秀作品賞など4部門を受賞したほか、09年度のグラミー賞では最優秀ミュージカルアルバム賞にも選ばれた。

このたび、2015年に上演され好評を博した韓国版が来日。チョン・ウォニョン、ドンウ(INFINITE)、Key(SHINee)など、多方面で活躍するメンバーによる、力強い歌とダンスが楽しめそうだ。

この記事の写真

  • 『イン・ザ・ハイツ』韓国版
  • 『イン・ザ・ハイツ』2015韓国公演ポスター

インフォメーション

『イン・ザ・ハイツ』

【スタッフ】原案・作詞・作曲=リン-マニュエル・ミランダ 演出・韓国語歌詞=イ・ジナ 音楽監督=ウォン・ミソル 振付=チェ・ヒョンウォン/キム・ジェドク
【スタッフ】チョン・ウォニョン、ドンウ(INFINITE)、Key(SHINee)/キム・ヒョンジュン(Double S 301)、イ・サンイ/ヴァオ・ソヨン、J-Min/チェ・スジン、ルナ(f(x)) ほか
*交互出演

2016年8月19日(金)〜9月3日(土)
・会場=Bunkamuraオーチャードホール
・一般前売=8月6日(土)開始
・料金=全席指定S席16,000円/A席11,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8593