魔夜峰央の人気漫画「パタリロ!」が加藤諒主演で舞台化 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

魔夜峰央の人気漫画「パタリロ!」が舞台化。12月に紀伊國屋ホールにて上演される。

原作は、“常春の国”マリネラ王国の舞台に、若き国王パタリロ・ド・マリネール8世こと、パタリロが巻き起こす騒動を描いたギャグ漫画。1978年から白泉社「花とゆめ」で連載がスタートした人気作で、82年にはTVアニメ化され、エンディング・テーマにもなった“クックロビン音頭”は広く親しまれた。

パタリロ役で主演を務めるのは加藤諒。このたび解禁されたビジュアルでは、漫画から抜け出したかのような“殿下”ぶり披露している。そのほか、“美少年キラー”の異名を持つイギリス諜報機関MI6のエージェント、バンコランは青木玄徳、そして少女と見紛う美ぼうの暗殺者マライヒは佐奈宏紀に決定。パタリロの側近「タマネギ部隊」は、細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生が演じる。

脚本と演出はそれぞれ池田鉄洋と小林顕作が務める。

■加藤諒 パタリロ役
先日、舞台化の発表がありまして、インターネット上では加藤諒がタリロ役ではないか、という意見を多数お見受けしました。そうです、恐縮ながら、ボクが演じさせていただきます☆ すてきなスタッフの皆さま、すてきなキャストの皆さまと、すてきな『パタリロ!』をつくり上げたいと思いますっ! 果たしてどんな舞台になるのか、ご期待くださいませ♪ パパンがパン♪♪

■魔夜峰央(原作)
「パタリロ!」の世界を、生きている人間が、死んでる人間には無理でしょうが、表現できるとは思いませんでした。楽しみです。

インフォメーション

舞台『パタリロ!』

【スタッフ】原作=魔夜峰央 脚本=池田鉄洋 演出=小林顕作
【キャスト】加藤諒/佐奈宏紀/細貝圭/金井成大/石田隼/吉本恒生/佐藤銀平/吉川純広/三上陽永/柴一平/香取直登/青木玄徳

2016年12月8日(木)〜25日(日)
・会場=紀伊國屋ホール

© 魔夜峰央/白泉社(別冊花とゆめ・メロディ・花LaLa online)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8598