古田新太「今までで“最凶”の作品」 KERA×古田第3弾『ヒトラー、最後の20000年』が開幕 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)作・演出×古田新太座長のタッグによる新作『ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜』が、24日に本多劇場で開幕した。

通称“KERA古田企画”と呼ばれ、『犯さん哉』(07年)、『奥様お尻をどうぞ』(11年)を上演してきた本シリーズ。「大人たちが全力でバカバカしいことをやる企画」を目指し、実力派俳優たちが、毎回ナンセンス・コメディーを送り出してきた。

本作で、古田と犬山イヌコは、それぞれ探偵アラータと助手アルジャーノンという、前作『奥様〜』のキャラクターに扮して登場する。大倉孝二、入江雅人、八十田勇一、犬山イヌコ、山西惇といったおなじみの実力派たちとともに、今回も不条理で不謹慎な“ギリギリの笑い”に果敢に挑戦。オフビートの笑いと悪ふざけの連打が繰り出される。

また、今回は成海璃子、賀来賢人という若手が参戦した。少女アンネ役の成海は、透明感のある彼女からは想像がつかないナンセンスなセリフを繰り出す、ほかでは見られない姿を見せて奮闘。賀来はアンネに恋する青年・ガブリエルに扮し、次々と降り掛かるあり得ない出来事に立ち向かう。

座長・古田は、初日に向け「今までの作品の中で“最凶”の作品に仕上がりました。がっかりしに、ぜひ観に来てください」と豊富を語っている。演劇ファンは、“大人たちの悪ふざけ”を劇場で確かめよう。

東京公演は21日(日)まで。その後、福岡、大阪、新潟を巡るツアー公演が行われる。

この記事の写真

  • 『ヒトラー、最後の20000年』開幕 1
  • 『ヒトラー、最後の20000年』開幕 2
  • 『ヒトラー、最後の20000年』開幕 3
  • 『ヒトラー、最後の20000年』開幕 4

インフォメーション


■福岡公演
2016年8月27日(土)・28日(日)
・会場=北九州芸術劇場 中劇場

■大阪公演
2016年9月1日(木)〜4日(日)
・会場=梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

■新潟公演
2016年9月10日(土)・11日(日)
・会場=りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8600