柏木由紀「“AKBの柏木由紀”をすべて捨てる」 『マジすか学園〜Lost In The SuperMarket〜』が開幕 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『マジすか学園』後列左から、野村奈央、後藤萌咲、中西智代梨、西野未姫、込山榛香、茂木忍、湯本亜美、福岡聖菜、小田えりな、前列左から、佐々木優佳里、高橋朱里、岡田奈々、柏木由紀、小嶋真子、大島涼花、田野優花

▲ 後列左から、野村奈央、後藤萌咲、中西智代梨、西野未姫、込山榛香、茂木忍、湯本亜美、福岡聖菜、小田えりな、前列左から、佐々木優佳里、高橋朱里、岡田奈々、柏木由紀、小嶋真子、大島涼花、田野優花


AKB48主演のドラマシリーズ「マジすか学園」の舞台版第2弾「〜Lost In The SuperMarket〜」が、25日に赤坂ACTシアターで開幕。その初日公演を前に、公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

“ヤンキーたちの青春”をテーマに、AKB48総出演で制作されてきた「マジすか学園」。AKB48がヤンキーを演じるというエキセントリックな設定や、彼女たちの本格アクションへの挑戦で話題を集めた人気シリーズだ。今回は、1に登場した“ラッパッパ四天王”の一人、ブラック(柏木由紀)を主人公に、5のその後を描いたオリジナル・ストーリーを送る。

対抗学園との戦いに加えヤクザの抗争にも巻き込まれ、大きな波乱に飲み込まれた「マジすか女学園」、通称“マジ女”。ウーチン(大島涼花)、カマボコ(小嶋真子)、イカノメ(高橋朱里)、ウヴァル(田野優花)ら四天王を中心に再び立ち上がろうとするマジ女の面々たちの前に、抗争を一人だけ生き残り裏切り者の烙印を押されたカタブツ(岡田奈々)と“伝説のラッパッパ”ブラック(柏木)が立ちはだかる……。

初の舞台主演に挑戦した柏木。「AKBとの両立が難しくて、本音はあと1カ月くらいほしかった」と不安をのぞかせたが、「その中でみんなと一生懸命取り組んでいて、皆さんに観ていただきたい作品に仕上がった」と胸を張った。

そんな柏木に、高橋朱里は「稽古の時間がない中で、みんなと同じくらいに仕上げてくださってた。ブラックさんとしても、ゆきりんさんとしてもあらためて尊敬できるなと感じました」と語っていた。

そのほかのメンバーのコメントは以下の通り。

■柏木由紀 ブラック役
初主演舞台をこのメンバーでやらせてもらえることをうれしく思っています。今回は“AKBの柏木由紀”をすべて捨てたつもりで頑張っています。ドラマを応援してくださった方も、ドラマを知らない方も楽しめる作品です。殺陣に銃撃戦と戦うシーンがたくさんあるので、私たちの“マジ”をこの夏、赤坂ACTシアターに観に来てください。

■大島涼花 ウーチン役
前回はチームケバブのメンバーで本当に弱かったんですけど、今回は四天王の一人として少し強くなった私が見せられるんじゃないかなと思いますので、殺陣にも注目してください。

■岡田奈々 カタブツ役
今回はブラックさんの弟子のような役どころで、この中で一番アクションシーンが多いので、そこに注目してください。

■小田えりな スキナシ役
スキナシがすごく怒るあるシーンがあるのでそこを頑張ります。チーム8から一人だけの出演で、いつもメンバーから「しゃべりが棒読みだ」と言われるので、今回の舞台で棒読みをやめたいと思います。

■小嶋真子 カマボコ役
カミソリの妹という姉妹関係が舞台の中でもよく分かるようになっています。私ごとですが初めて髪をカラーリングさせてもらっているので、新しい自分で舞台に挑戦しています。

■後藤萌咲 オジュケン役
オジュケンは、私の性格と真逆でとてもバカな役なので……(メンバーから「え?」とツッコミ)。今年、受験生で初めての舞台でとても緊張していますが、おバカになりきって頑張ります。

■込山榛香 ペリカン役
なぜ役名がペリカンなのか聞いたら、「アゴが出ているから」と言われまして、自分ではアゴが、弱点・コンプレックスだったんですけど、今回は、アゴを使った必殺技があったりして、「アゴが出ていてよかったな」と、ネガティブだったことが初めてポジティブに感じられています。

■佐々木優佳里 CG役
衣裳はかわいらしい感じなんですけど、ホウキを持って戦ったり必殺技を使うシーンもあるので、そこに注目してください。

■高橋朱里 イカノメ役
「チームお好み」のリーダーで、四天王の一員という役柄です。チームメンバーは個性が強くて、エネルギーがあるんですが、このメンツに勝てるような強さを見せたいです。公演を重ねて、チームお好み、四天王の団結感が強めていけるようにしたいです。

■田野優花 ウヴァル役
5ではア・モンとして出ていましたが、今回はその妹役です。すごくクールでカッコいい役で、それを舞台上で表現するのがすごく難しいけど、精いっぱい頑張ってやらせていただきます。拳銃を使ったりとか、普段やらないことが多いので、それをどうよりカッコよく見せるかみんな工夫して頑張っています。

■中西智代梨 カンドレ役
私は2回目の舞台で、前回は敵役だったんですけど、今回はマジ女で、作品の笑いどころを私と西野未姫で担っています。細かい演技を変えて、毎回毎回違う舞台が楽しめると思います。ですが、そんな私たちにもカッコいい戦いのシーンもあるのでそこにも注目してください。

■西野未姫 ニシゴリ役
私は前回ウリボウという役でしたが、今回はニシゴリなので、ゴリラらしく野性味溢れる部分にも注目してもらえたら。カンドレ役の智代梨と二人でペアで繰り出す必殺技があったり、二人で1分もムダにしないくらいすごく考えてつくっているので、二人のペア感を楽しんでください。

■野村奈央 テキサス役
私の役は湯本亜美のオラキオとセットの役で、「弾丸ジャッキー」さんの元自衛隊員の方(がモチーフ)で、衣裳に迷彩柄が取り入れています。自衛隊みたいなカッコいいところが見せられるように頑張ります。

■福岡聖菜 ハンナマ役
一人だけゴスロリの異世界感を放っていて、役もあまり笑わないというキャラクターです。クールだけど、いつ“マジになるか”注目して観てください。

■茂木忍 ウテナ役
私はセーラー服ではなくて男装をしています。その姿が男性にも女性にもカッコいいと思ってもらいるように頑張りたいです。普段からヤンキーっぽいと言われるので、普段のヤンキーっぽさを出していけたらと思います。

■湯本亜美 オラキオ役
「弾丸ジャッキー」のオラキオさんからきていて、テキサスとコンビの良さとか、ロンダートバク転をアクションに取り入れているのでそこにも注目してください。

■西岡徳馬 キセノ役
なんだか場違いなところにいるみたいですが(笑)、引率の先生か訳の分からない漫才師かという格好ですが、その実態は何を隠そう……、観ていただければ分かるので、楽しみにしてください(笑)。みんなかわいくて、後藤(萌咲)さんは私の孫と同い年で、彼女からおじいちゃんと呼ばれてます(笑)。老体に鞭打って頑張ります。

公演は8月5日(金)まで。

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8606