松岡充が送る新エンターテインメント『DAYDREAM BABYS*』が開幕 大阪初日には松岡バースデー企画が決定 - 2016年7月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

松岡充(SOPHIA/MICHAEL)が手掛ける新型エンターテインメント『DAYDREAM BABYS*』(DDB*)が、27日、赤坂BLITZにて開幕した。

構成・演出に村上大樹(舞台『私のホストちゃん』脚本・演出)、芝居脚本に鈴木おさむ(ドラマ「人に優しく」)と松岡とゆかりのあるクリエーターを迎えた本公演。主要キャストには、松岡自身の声かけで、荒木宏文、平田裕一郎、五十嵐麻朝、真緒と俳優からアーティスト、ミュージシャンというバラエティー豊かな面々が集結した。さらに、DDB*スペシャル・ゲスト・ミュージシャンとして恩田快人(ex JUDY AND MARY)と豊田和貴(SOPHIA/MICHAEL)もプレーヤーとして参加するほか、連日、多彩なゲスト陣を迎える。

舞台裏とリンクしたストーリーで、芝居とライブステージを融合させた構成で送る本作。物語は、松岡がDDB*のためのテーマソングづくりを自ら買ってるところから始まる。思いのほか楽曲制作が難航してしまったため東京を離れた松岡が、個性豊かな人びととの出会いの中からテーマソングのヒントを見出していく姿が描かれる。

その後は、ライブがスタート。まずは、前座として平田と五十嵐が結成したラップユニット「KAKKY&GORY(カッキー・アンド・ゴーリ)が“ドレミのラップ”を披露。観客を立ち上がらせるまで盛り上げた後は、真緒が得意のデスボイスでフロアを煽り、Sadieの名曲“陽炎”で魅せると、荒木は松岡作詞・作曲・プロデュースのもとで生まれた“STELLAR”を華やかなアクトで届けた。そして、松岡はMICHAELナンバーから代表曲を繰り出し、一体感あるステージでライブを盛り上げ締めくくった。

ライブが終わると、ステージはライブ後の楽屋風景に。次のライブまでの休憩時間を楽屋で過ごしているキャストたちが、次に歌うのは松岡が書き上げたDDB*のテーマソングだ。しかし、当日になって突然、松岡以外のメンバーはこの曲の歌詞に納得していないと言い出し、さらにはその理由を吐露するとこから、物語はシリアスな方向へ……。

夢を追う者たちが激しく本音をぶつけ合う熱いドラマも盛り込みながら、ステージは展開。彼らの想いをあらためてつづったテーマソング“DAYDREAM BABY”をキャスト全員で熱唱し、フィナーレを迎える。

松岡は公演に向けて「このDDB*はこの先の未来にもいろいろな形で広げていく企画です。そして、今回は始まりの“特別なDDB*”。僕自身、今置かれている環境とリンクする部分もあり、2度と出来ないものになってます。そして、出演キャスト・ミュージシャンが今持っているすべてのスキルを一つの宝箱に詰めました。ご覧になられた方が優しい笑顔になって、人を思いやる気持ちに包まれ、会場を出て行っていただけるように頑張りたいと思います。会場でお待ちしております!」と意気込みを見せている。

東京公演は31日(日)まで。その後、8月12日(金)から14日(日)までなんばHatchにて大阪公演が行われる。

また、大阪公演の初日となる8月12日は「松岡充 BIRTHDAY SPECIAL」と題した特別バージョン。DDB*メンバーは、松岡の生誕を祝うべく、この日のために密かに練習している“あるパフォーマンス”を披露するとのことだ。加えて、“あの人”もゲスト出演するなど、この日限りの楽しい企画を用意しているという。

この記事の写真

  • 『DDB*』開幕 1
  • 『DDB*』開幕 2
  • 『DDB*』開幕 3
  • 『DDB*』開幕 4
  • 『DDB*』開幕 5
  • 『DDB*』開幕 6
  • 『DDB*』開幕 7
  • 『DDB*』開幕 8
  • 『DDB*』開幕 9
  • 『DDB*』開幕 10
  • 『DDB*』開幕 11
  • 『DDB*』開幕 12
  • 『DDB*』開幕 13
  • 『DDB*』開幕 14
  • 『DDB*』開幕 15
  • 『DDB*』開幕 16
  • 『DDB*』開幕 17

インフォメーション


■大阪公演
2016年8月13日(土)・14日(日)
・会場=なんばHatch

各公演とも
・一般前売=6月5日(日)開始
・料金=全席指定8,000円(ドリンク代別途必要)

関連サイト

http://www.daydreambabys.net/

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8620