浦島太郎の謎が明らかに? 木村了主演『TARO URASHIMA』が開幕 - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

木村了主演のミュージカル『TARO URASHIMA』が本日11日に明治座で開幕した。

年末恒例の時代劇シリーズを上演してきたる・ひまわりと明治座が、おとぎ話「浦島太郎」を題材に新たなオリジナル・ミュージカルを送る。多くの人びとに語り継がれながらも、「たまて箱とは何だったのか?」「浦島太郎はどうなったのか?」といったさまざまな謎が残る浦島太郎の物語を、池田鉄洋による新たな解釈でリメイク。浦島太郎と乙姫の恋愛模様、深海生物たちの戦いなども盛り込みながら壮大なスケールで描き出す。

さらに、第二部では「浦島太郎トリビュートコンサート〜鯛や平目の舞踊りSHOW〜」と題し、竜宮城で開かれる“鯛や平目の舞踊り”がショーとして登場。濃いキャラクターたちのユニットによる多彩なパフォーマンスが繰り広げられる。

初日を前にして、浦島太郎役で主演を務める木村は「とっても最高にバカバカしく最高にかわいらしい作品が出来上がりました」と仕上がりに胸を張ると、乙姫役の上原多香子は「今回演じる、乙姫はネガティブで今まで観たことのない乙姫だと思います。ソロパートは、なるべく少なく……、と言ったら、すごくたくさんいただいたので、頑張って歌いたいです。でもミュージカルなので、歌うだけでなくお芝居もちゃんとできたらなと思います」と意気込んだ。

乙姫をいじめ抜く悪役・鯱(しゃち)姫を演じるとよた真帆は、初のミュージカルに「とても楽しいです。幸せです」とにっこり。亀役の斉藤暁は「“イケテツ(池田鉄洋)ワールド”ですね。泳ぎがいのある作品です。歌は戦々恐々。でも楽しい歌をつくってくれたので、ヘタですけど楽しんでます。聴く方は分からないけど、私は楽しいです(笑)」と笑った。

帝役の和泉元彌は「“やんごとない”とか“スーパースター”という形容詞がついてますのでなるべくそうなれるように。いかんせん出る場面が少ないので、一箇所一箇所の仕事をちゃんとして帰ってこないといけないですね。でも(自分が)お金を払わなきゃいけないんじゃないかっていうくらい、贅沢な遊びが満載の舞台ですので、その中で役割を果たして(カンパニーの)いい仲間でいられるようにしたいです」と気合を入れた。浦島太郎の親友・ムサシ役の崎本大海は、思わず「武蔵の親友の太郎」と間違えて自己紹介。「すいません、太郎が好き過ぎて、太郎、太郎とばかり歌っていたら自分が太郎じゃないかと(笑)。そんな太郎に対する熱い友情と気持ちを表現できたら」と笑わせた。

これまでの稽古を振り返った木村は「みんながムードメーカーで、まとまりに欠ける(笑)。でもそれが楽しいんです」と笑いを取りながらも、座長としては「そんなに頑張ってまとめる必要はなくて、皆さんが自分の役割をまっとうしようと努力してくれたので、僕は僕の浦島太郎という役を全力でできました」と充実した様子だ。

製作発表会で木村は自身の子どもが「浦島太郎だと何度説明しても一寸法師だと思っている」とこぼしていたが、現在は「お椀で鬼ヶ島に行くんでしょ? と桃太郎と一寸法師が絡まって、浦島太郎が出てこない(笑)」とのこと。ただ「ちょっとだけ興味がでてきたみたいで、こないだも某CMの歌を熱唱してましたよ(笑)」と笑っていた。

公演は15日(月)まで。

この記事の写真

  • 『TARO URASHIMA』開幕 1
  • 『TARO URASHIMA』開幕 2
  • 『TARO URASHIMA』開幕 3
  • 『TARO URASHIMA』開幕 4
  • 『TARO URASHIMA』開幕 5
  • 『TARO URASHIMA』開幕 6
  • 『TARO URASHIMA』開幕 7
  • 『TARO URASHIMA』開幕 8

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8650