加藤諒が玉城ティナの“双子”役としてファッション誌初登場 - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「ViVi」玉城ティナ(左)と加藤諒

▲ 玉城ティナ(左)と加藤諒

ギャラリーで見る(全3枚)


加藤諒が、本日23日発売の講談社「ViVi」10月号で女性ファッション誌に初登場している。

同誌の人気企画「玉城ティナの着回し30デイズ」に玉城ティナの双子役として参加した加藤。当日、現場に入るなり「僕が双子なんて大丈夫ですか? ティナちゃん顔小さい〜細〜い!」とバタバタしていた現場の雰囲気を明るく盛り上げた。

そんな加藤に玉城は「加藤さんが面白すぎて。撮影中にお腹が痛くなるくらい笑ったのは初めてです。ある意味、今回の着回し企画はわたしの素の表情が出てるかも」と語り、使い捨てカメラで“双子”ショットを自撮りするなど、初対面とは思えないくらいの意気投合っぷりを見せた。また、加藤はロケバスの中でも「ファッション撮影楽しい〜さっきのカットは大丈夫だったかな〜」と終始ハイテンションだったという。

担当編集者は「企画内容を説明するとすぐに演じてくださいました。 笑顔カットをお願いすると大声で笑ってくれたり。マネージャーさんに声が大きすぎると怒られてました(笑)。喜んでるカットをお願いすると大ジャンプをしてくれる加藤さんに、ティナ含めスタッフみんながメロメロ。かわいい双子のたま&諒、二人のいろいろな表情が見られる企画になりました」とコメントしている。

なお、二人の動画は近日、公式インスタグラム、Twitterで公開されるとのことだ。

同じ記事の写真

  • 「ViVi」玉城ティナ(左)と加藤諒
  • 「ViVi」加藤諒(左)と玉城ティナ
  • 「ViVi」10月号

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8676