韓国ミュージカル『マリー・アントワネット』の再上映が決定 - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

韓国ミュージカルの映像を上映する「K ミュージカルシネマ・シリーズ」。今年1月に行われた東京、大阪ほかでの上映が好評を博した『マリー・アントワネット』の再上映が決定した。

『エリザベート』や『モーツァルト!』のミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイが、韓国大手ミュージカルプロダクション・EMKとタッグを組んだ本作。王妃マリー・アントワネットと庶民の娘マルグリット・アルノーの二人の“MA”の運命が、革命の嵐の中で交錯していくさまがつづられる。

韓国版ではより比重が重くなったマリー・アントワネット役を担うのは『三銃士』日本公演で美しいソプラノを披露したキム・ソヒョン。マルグリットは『カフェ・イン』『ドラキュラ』で来日経験のあるユン・コンジュが務める。また、マリーの愛人フェルセン伯爵役を歌手としても活躍するKAIが演じるほか、日本でも人気のキム・ジュンヒョンがマリー失脚のきっかけをつくるオルレアン公役で観客を魅了する。

本日より一般前売に先駆けた先行販売が受付開始となっている。

この記事の写真

  • KMC『マリー・アントワネット』 1
  • KMC『マリー・アントワネット』 2
  • KMC『マリー・アントワネット』 3

インフォメーション

韓流ぴあ presents
K ミュージカルシネマ『マリー・アントワネット』上映会

2016年9月15日(木)19:00開演
・会場=渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
・料金=自由席3,200円(整理番号付)
・一般発売=9月1日(木)開始

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8685