マライヒ役・佐奈宏紀、バンコラン役・青木玄徳の姿も 舞台『パタリロ!』全キャラビジュアルが到着 - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

魔夜峰央の人気漫画を加藤諒の主演で舞台化する『パタリロ!』。本作の全キャスト・キャラクタービジュアルが公開された。

パタリロに扮した加藤の姿はすでに公開されていたが、このたび“殿下”のひと味違った表情を収めたビジュアルが到着。そして、美ぼうの暗殺者マライヒを演じる佐奈宏紀、“美少年キラー”の異名を持つMI6エージェント・バンコランを演じる青木玄徳の漫画から抜け出したかのような姿、さらには、パタリロの側近・タマネギ部隊を演じる細貝圭、金井成大、石田隼、吉本恒生のユニークな扮装姿も新たに公開されている。

■佐奈宏紀 マライヒ役
今回、初の舞台化となる『パタリロ!』に参加させていただけるということで、とても楽しみです。マライヒという役をしっかり研究して、自分に染み込ませて、舞台に出現させたいと思います。ぜひ劇場でパタリロワールドをお楽しみ下さい!

■青木玄徳 バンコラン役
今回、舞台『パタリロ!』という作品に出演させていただきとてもありがたく思っております。個人的には今まで演じたことのない世界観の作品なので、不安もありますが全力で努めさせていただきます。どんなバンコランになるのか今から楽しみです。よろしくお願いいたします。

■魔夜峰央
今回「パタリロ!」の舞台化が決まり、普段演劇となにも関係のないところにおりますのでそれだけに純粋に一観客として楽しませていただくことができたらと思います。

原作は、“常春の国”マリネラ王国の舞台に、若き国王パタリロ・ド・マリネール8世こと、パタリロが巻き起こす騒動を描いたギャグ漫画。1978年から白泉社「花とゆめ」で連載がスタートした人気作で、82年にはTVアニメ化され、エンディング・テーマにもなった“クックロビン音頭”は広く親しまれた。

この記事の写真

  • 『パタリロ!』メインビジュアル
  • 『パタリロ!』加藤諒
  • 『パタリロ!』佐奈宏紀
  • 『パタリロ!』青木玄徳
  • 『パタリロ!』細貝圭 
  • 『パタリロ!』金井成大
  • 『パタリロ!』石田隼
  • 『パタリロ!』吉本恒生

インフォメーション

舞台『パタリロ!』

【スタッフ】原作=魔夜峰央 脚本=池田鉄洋 演出=小林顕作
【キャスト】加藤諒/佐奈宏紀/細貝圭/金井成大/石田隼/吉本恒生/佐藤銀平/吉川純広/三上陽永/柴一平、香取直登(Wキャスト)/青木玄徳

2016年12月8日(木)〜25日(日)
・会場=紀伊國屋ホール
・一般前売=10月16日(日)開始
・料金=全席指定7,800円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8687