吉田羊主演でWOWOWが人気海外ドラマ「コールドケース」の日本版を制作 脚本には蓬莱竜太も参加 - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
WOWOW「コールドケース」ビジュアル

▲ 左から光石研、三浦友和、吉田羊、滝藤賢一、永山絢斗


WOWOWが開局25周年企画として、人気海外ドラマ「コールドケース」の日本版を吉田羊主演で制作。10月より同局のオリジナルドラマ「連続ドラマW」として全10話で放送する。

未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描いた本作。オリジナル版は、2003年から10年まで全7シーズンにわたりアメリカ・CBSで放送され高視聴率を記録した人気作だ。アメリカ国外で制作するのは今回が世界初。日本版は神奈川を舞台に、主人公の刑事とそのチームが未解決事件の真相を解明していく。

吉田はこれが連続ドラマ初主演となるが「初主演という気負いはなく、チーム全員でゴールへ向かって走っていくスタイルが心地よく、私らしい初主演作品」と団結力をアピール。「日本版『コールドケース』はオリジナルの世界観を踏襲しつつ、日本人らしい感性を加え、より繊細に心に深く響く作品になっています。“慮る(おもんぱかる)”という美しい日本語がありますが、まさにその表現がふさわしい、相手の心に深く、深く寄り添ったすてきなエピソードが満載となっていますので、ぜひ最後まで楽しみにご覧ください」とメッセージを送っている。

吉田とともに未解決事件に挑む強力なチームには永山絢斗、滝藤賢一、光石研という個性的な実力派が集結。さらにチームを温かく見守るボス役を三浦友和が担う。また、準レギュラーとして宮沢和史、藤澤恵麻、平田薫も参加。レギュラーキャストとどう絡んでいくのか注目だ。

監督は「SP」シリーズなどを手掛けた波多野貴文。なお脚本には蓬莱竜太(モダンスイマーズ)も参加している。

インフォメーション

WOWOW開局25周年記念
連続ドラマW「コールドケース〜真実の扉〜」

【スタッフ】監督=波多野貴文 脚本=瀬々敬久/吉田康弘/蓬莱竜太/林宏司
【キャスト】吉田羊/永山絢斗/滝藤賢一/光石研/三浦友和 ほか

2016年10月22日(土)毎週22:00放送開始
・WOWOWプライム
・第1話無料

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8688