総勢32名の若手俳優が挑戦 中屋敷法仁作・演出『露出狂』ワークショップ - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります



中屋敷法仁が作・演出を手掛け、今秋、Zeppブルーシアター六本木で上演されるパルコ・プロデュース公演『露出狂』。その公演に向けて、キャスト・スタッフによる初顔合わせと、総勢32名のキャストによる稽古前ワークショップが行われた。

本作は、強豪サッカー部を舞台に、組織の閉鎖性やコミュニケーションの歪みを描いた青春ドラマ。今回は、全32名のキャストから「チーム露(あらわ)」「チーム出(いずる)」「チーム狂(くるう)」という14人×3チームが結成され、それぞれが異なるキャスト・配役で上演される。この日は中屋敷を筆頭に、「露」「出」に出演する4名のキャストが代表であいさつした後、初めて集まったオールキャストによる写真撮影会が行われた。

その後、それぞれのキャスト同士のコミュニケーションを高めるためのワークショップを実施。わずかな時間内にいち早く二人組のカップルをつくトレーニングや、鬼役のキャストが10数える間に残った31名で人形を隠し、鬼がその人形を探し当てようとする間にほかの31名がリアクションをしながら隠し通せるかどうかといったゲームなど、お互いを知らない大勢のキャストが一つの目的のために向かうための結束力、演技の連携を図るワークショップとなった。

本作の出演者は、多くがオーディションを勝ち抜いた若手俳優たちだ。劇団での舞台経験や2.5次元ミュージカルでのレギュラー出演経験を持つ実力派の若手から、今回が初舞台という新人までが混在。中でも「狂」は23歳以下のメンバーだけで構成されている。本格俳優への登竜門として、前回のパルコ・プロデュース公演(2012年)から活躍の幅を広げたメンバーもいる。今回はこの32人から、どの俳優たちが才能を発揮するのか注目だ。

■中屋敷法仁(作・演出)
世の中にはいろいろなイケメン俳優とかおもしろい俳優さんがたくさんいますが、この32人ほどバラエティー豊かな若手俳優たちはいないと思っています。中でもU-23の「チーム狂(くるう)」は舞台経験のない人までいる、若くて可能性のある人ばかり。この作品の新たな側面を、今回の皆さんから見せてほしいと思っています。3つのチームに分かれて、いろいろな俳優さんにキャラクターを演じてもらうのは、僕自身もお客さまに負けないくらい楽しみです。 舞台『露出狂』お見逃しなく!

■市川知宏
『露出狂』は、これまでにも上演されたことのある作品ですが、これまでと同じではなく、どのチームもそれぞれに個性が出るようにしたいと思います。以前出演した舞台で「倒れるなら後ろにではなく、前に倒れろ」と言われた言葉が今もとても心に残っているので、今回も前のめりに演技する気持ちを忘れないよう頑張りたいと思っています。

■陳内将
『露出狂』に出てくるのはセンシティブな選手(キャラクター)が多いので、作・演出の中屋敷さんにはゴールキーパーになってもらって、僕は稽古でもどんどん攻めて、闘っていきたいと思います。これから自分が演じる役は、これまでほかの俳優さんや女優さんが演じられているので、マネではなく自分たちの『露出狂』をつくっていきたいです。

■小沢道成
32人の俳優と中屋敷さんで、ここでしか観ることができない演劇をつくりたいと思っています。楽しみに待っていてください。

■永島敬三
『露出狂』にはいろいろなキャラクターが登場しますが、これまでいろんな俳優さんが演じてきました。今回はこの企画だけで一つのキャラクター3人の役者が演じるので、ご期待ください!

この記事の写真

  • 『露出狂』WS 1
  • 『露出狂』WS 2
  • 『露出狂』WS 3
  • 『露出狂』WS 4
  • 『露出狂』WS 5
  • 『露出狂』WS 6
  • 『露出狂』WS 7
  • 『露出狂』WS 8
  • 『露出狂』WS 9

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8693