野田秀樹新作は中村勘三郎へのオマージュ 宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太出演 NODA・MAP『足跡姫』が上演決定 - 2016年8月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
NODA・MAP『足跡姫』左から、宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太

▲ 左から、宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太

ギャラリーで見る(全3枚)


野田秀樹作・演出によるNODA・MAPの新作『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)〜』が、2017年1月より東京芸術劇場にて上演される。

野田直筆のコメントによると、本作は故・中村勘三郎へのオマージュになるという。歌舞伎『野田版 研辰の討たれ』やNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』など、さまざまな形でともに舞台に携わってきた野田と勘三郎。江戸時代を舞台に“肉体を使う芸術、残ることのない形態の芸術”を描くという本作に向けて、野田は「作品の中に、勘三郎や三津五郎が出てくるわけではありませんが、“肉体の芸術にささげた彼ら”のそばに、わずかな間ですが、いることができた人間として、その“思い”を作品にしてみようと思っています」とつづっている。

キャストには、宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太をはじめ、野田作品初参加の佐藤隆太、鈴木杏、さらに12年ぶりの参加となる池谷のぶえが出演するほか、野田版歌舞伎で共演した中村扇雀がNODA・MAPに初参戦する。

この記事の写真

  • NODA・MAP『足跡姫』左から、宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太
  • NODA・MAP『足跡姫』ビジュアル
  • NODA・MAP『足跡姫』野田秀樹コメント

 

インフォメーション

NODA・MAP『足跡姫〜時代錯誤冬幽霊(ときあやまってふゆのゆうれい)〜』

【スタッフ】作・演出=野田秀樹
【キャスト】宮沢りえ/妻夫木聡/古田新太/佐藤隆太/鈴木杏/池谷のぶえ/中村扇雀/野田秀樹

2017年1月18日(水)〜3月12日(日)
・会場=東京芸術劇場プレイハウス
・一般前売=12月10日(土)開始
・料金=全席指定S席9,800円/A席7,800円/サイドシート5,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8696