内村光良が自身の一人舞台を映画化 映画「金メダル男」が10月22日に公開 - 2016年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

映画「金メダル男」内村光良

▲ 内村光良

画像を拡大

内村光良が原作・脚本・監督・主演の4役を務めた映画「金メダル男」が、10月22日(土)より全国公開される。

本作は、内村自らが脚本を執筆し、2011年に上演された話題となった一人舞台『東京オリンピック生まれの男』が原作。主人公は日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一だ。幼少時代に徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに、絵画コンクールから火起こし大会まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍“塩尻の神童”と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す“金メダル男”への始まりに過ぎなかった……。

とにかく“一等賞”を獲ることを目指し、挫折を繰り返しながらもひたむきに挑戦を続ける男・泉一を舞台同様、内村が演じ、映画版では学生時代の“ヤング泉一”をHey! Say! JUMPの知念侑李が担う。また、舞台『ボクの妻と結婚してください』で妻役を演じた木村多江と再共演するほか、ムロツヨシ、大泉洋、音尾琢真、柄本時生、手塚とおる、温水洋一など、多彩な共演者たちにも顔をそろえる。

内村が「前監督作の『ボクたちの交換日記』の10倍疲れました(笑)」と語るほど、内村監督の熱い想いが詰まった一作となっているようだ。

インフォメーション

映画「金メダル男」

【スタッフ】原作・脚本・監督=内村光良
【内村光良】内村光良/知念侑李(Hey! Say! JUMP)/木村多江/ムロツヨシ/土屋太鳳/平泉成/宮崎美子/笑福亭鶴瓶 ほか

2016年10月22日(土)公開

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8701