ラサール石井「どこを切っても楽しめる金太郎飴のような作品」 舞台版『こち亀』が開幕 - 2016年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

集英社「週刊少年ジャンプ」の人気漫画を舞台化した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、本日9日にAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕した。

葛飾区亀有の下町を舞台に、破天荒な警官・両津勘吉が起こす騒動を描いた本作。さまざまな時事ネタや流行を取り入れながら、1976年の連載スタートから連載開始から、老若男女に愛されてきた国民的ギャグ漫画だ。

連載40周年を記念して10年ぶりに復活した舞台版。“両さん”役のラサール石井も舞台に帰ってきた。脚本・演出も手掛け、自ら「やるだけのことはやりました」「どこを切っても楽しめる金太郎飴のような作品」と語る通り、歌も踊りも、笑いも涙も、たっぷりと詰め込まれた内容。ラサールは、舞台版オリジナルキャラの相棒・向島三四郎に扮する池田鉄洋とともに、ダンスにコント、切ない下町物語まで縦横無尽に舞台を駆け回る。もちろん、中川&麗子に扮したユージ&原幹恵をはじめ、おなじみのキャラクターたちもにぎやかなステージを繰り広げる。

可憐な存在感で舞台に華を添えるのは、ストーリーのカギを握る謎の少女・サキを担う生駒里奈(乃木坂46)。青柳塁斗らが演じるイケメン特殊捜査部隊SOTは、身体を張った奮闘ぶりで舞台を盛り上げる。

ゲネプロを終えてラサールは「稽古の間に連載が終わるというニュースが入り驚きはしましたけど、秋本(治)先生の“40周年、200巻でお祭りのように終わる”というコメントがありましたので、われわれもその最後に華を添えるという気持ちで、明日から初日頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします!」と力強くあいさつした。

そのほか、初日を前にしたキャストたちのコメントは以下の通り。

■ラサール石井(脚本・演出) 両津勘吉役
やるだけのことはやりました。かなり面白くなっています。1秒も飽きることのない、どこを切っても楽しめる金太郎飴のような作品に仕上がりました。大笑いして泣いて胸がキュンとなって熱くなって、とにかく五感がすべてハイになるミュージカルです。お楽しみください!

■生駒里奈(乃木坂46) サキ役
乃木坂46以外のこういう大きな舞台に一人で出演するのは初めてのことで、私にとって大きな挑戦でした。稽古中は先輩方に学ぶことが多く、刺激の日々でしたが、公演では、今度は私が観ているお客さまに刺激をお届けする側になりたいと思います。歌もダンスもあります。サキちゃんとして精いっぱい楽しんで演じられたらいいなと思います。とても楽しい舞台になっているので、ぜひ観ていただきたいです!

■ユージ 中川圭一役
今回、舞台初挑戦で、また大ファンだった「こち亀」の舞台ということで、とても気合が入っています。「こち亀」はファンの方もたくさんいる作品ですが、「こち亀」好きな方にはもちろん、「こち亀」をあまり知らない人、何も知らないで来ても楽しめる内容になっています。ダンスあり、歌あり、笑いもあり、ホロリとするシーンもあり、本当にすべての年代の方が楽しめる作品になっているので、ぜひご期待ください!

■原幹恵 秋本・カトリーヌ・麗子役
たくさん稽古をしてきましたが、いよいよ初日ということでとても緊張しています。「こち亀」の世界観そのままの雰囲気のいいカンパニーになっているので、みんなと力を合わせ、たくさんのお客さまに愛される舞台版『こち亀』になるように頑張っていきたいと思います。私の踊ったり歌ったりしている姿はとても珍しいと思いますので、ぜひその辺も楽しみに観てもらえたらうれしいです。

■池田鉄洋 向島三四郎役
「こち亀」10年ぶりの公演となりますが、こんなにも貪欲にスケールアップするのか、お客さまを楽しませるためにここまでやるか、という盛りだくさんの内容になっております。役者としては身体が悲鳴を上げていますが(笑)、とにかくお客様を楽しませたい、歓声を聞きたい一心で、千秋楽まで、精いっぱい演じさせていただきます。お待ちしています!

■青柳塁斗 イケメン特殊捜査部隊SOT・RYO役
稽古では本当にやることがたくさんありました。そのすべてを初日にぶつけたいと思います! 「こち亀」自体、とても元気になれる作品だと思いますが、舞台という生のパフォーマンスで、よりパワーアップして、お客さまを元気にできる作品に仕上がっていると思います! ご期待ください!

■味方良介 イケメン特殊捜査部隊SOT・Wake役
40年続いた「こち亀」の連載終了が発表になり、この節目のタイミングで「こち亀」の舞台をやるということで、「こち亀」を背負って、華を添える気持ちで、最後まで全員で突っ走っていければと思います。「前向きどころか、前のめり。」の精神を忘れず頑張ります!

■章平 イケメン特殊捜査部隊SOT・MAKOTO役
この公演は“お祭り”だと思っていて、「こち亀」という世界観を皆さんと楽しむために全力で頑張っていきます。絶対に楽しんでいただける“ザ・エンターテイメント”になっているので、ぜひ観に来てください!

■北園涼 イケメン特殊捜査部隊SOT・HIROSHI役
原作にないオリジナルキャラクターとしてこの作品に出演できること、心から感謝しています。歌にダンスも盛りだくさんなエンターテイメントな舞台版「こち亀」の虜になってください。この作品、クセになりますよ!

■福澤侑 イケメン特殊捜査部隊SOT・SATOSHI役
今回この「こち亀」という作品に関われて本当に光栄です。歌あり、ダンスあり、笑いあり、最高のエンターテイメントになっています。かっこいいダンスシーンにもぜひご期待ください。頑張ります!

東京公演は19日(月・祝)まで。大阪公演は23日(金)から25日(日)までサンケイホールブリーゼにて行われる。

この記事の写真

  • 『こち亀』開幕 1
  • 『こち亀』開幕 2
  • 『こち亀』開幕 3
  • 『こち亀』開幕 4
  • 『こち亀』開幕 5
  • 『こち亀』開幕 6
  • 『こち亀』開幕 7
  • 『こち亀』開幕 8
  • 『こち亀』開幕 9
  • 『こち亀』開幕 10
  • 『こち亀』開幕 11
  • 『こち亀』開幕 12
  • 『こち亀』開幕 13
  • 『こち亀』開幕 14
  • 『こち亀』開幕 15
  • 『こち亀』開幕 16
  • 『こち亀』開幕 17

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8717