北島マヤVS姫川亜弓、白熱の演技バトル再び 貫地谷しほり、マイコ、一路真輝ら出演『ガラスの仮面』が開幕 - 2016年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『ガラスの仮面』2016 開幕 1 マイコ(左)と貫地谷しほり

▲ マイコ(左)と貫地谷しほり

ギャラリーで見る(全21枚)


『ガラスの仮面』2016 開幕 2 一路真輝

▲ 一路真輝

画像を拡大

このほかの写真も見る

貫地谷しほり主演×G2演出のタッグで、美内すずえの人気少女漫画を舞台化した『ガラスの仮面』が再び舞台に登場。大阪公演に続き東京公演が、本日16日に新橋演舞場で開幕した。

往年の名女優・月影千草のもとでさまざまな困難を乗り越え、女優としての才能に目覚めていく主人公・北島マヤと、その宿命のライバル・姫川亜弓が、互いにぶつかり合いながら成長する姿を描いた本作。1975年の連載開始以来、長きにわたり高い人気を集めるヒット作だ。

本作では、月影千草から『紅天女』後継者の資格を得るために、マヤが2年以内に演劇界で大きな賞を受賞するという条件が課せられるところから物語は始める。“舞台荒らし”とも呼ばれる才能ゆえに芸能界を追放され、スランプから脱出したばかりのマヤには困難な状況だったのだが、彼女に大作『ふたりの王女』のオーディションの話が舞い込んでくる……。

もう一人の主演を担う姫川亜弓とともに、『ふたりの王女』に取り組むマヤの姿を軸に舞台は展開される。マヤ役の貫地谷は、普段のおっちょこちょいな姿から一転、オーディションでは他者を圧倒し、悩みながらも目を輝かせながら王女の演技を手にしていく姿を体現。二幕には劇中劇で、マイコ扮する亜弓との白熱した演技バトルを繰り広げる。そして、月影千草として大きな存在感を発揮するのは一路真輝。『紅天女』への情熱を注ぎ、マヤたちを女優として導く姿を演じ、また、紅天女の作者・尾崎一蓮のエピソードでは、若き日の月影千草の姿も披露する。さらに、“紫のバラの人”としてマヤを陰ながら支える速水真澄(小西遼生)の錯綜する思いもドラマを盛り上げる。

公演は26日(月)まで。

同じ記事の写真

  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 1
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 2 一路真輝
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 3 貫地谷しほり(左)と小西遼生
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 4 貫地谷しほり(左)とマイコ
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 5 貫地谷しほり
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 6
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 7
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 8
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 9
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 10
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 11
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 12
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 13
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 14
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 16
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 16
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 18
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 19
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 20
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 20
  • 『ガラスの仮面』2016 開幕 21

 

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8731