韓国ヒット作『柔道少年』が宮崎秋人主演×中屋敷法仁演出で日本初演 - 2016年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

韓国のヒット舞台『柔道少年』が、宮崎秋人主演×中屋敷法仁演出のタッグにより2017年2月にDステの最新作として日本初演される。

オリンピック代表選手を目指す素朴な地方の柔道部員たちの、都会で経験する初恋やイケメンライバルとの熱い戦いをつづった本作。高校生たちの青春やおバカな日常、恋愛模様のドキドキ、スポーツに打ち込む真摯な姿を描いた青春ドラマだ。

14年の韓国初演は1カ月の公演延長が行われたほか、翌年には4カ月を越えるロングランでの再演も行われるなど好評を博した。

日本初演にあたり演出を務めるのは、13年に韓国ミュージカル『チョンガンネ〜おいしい人生お届けします〜』の演出も手掛けた劇団「柿喰う客」主宰・中屋敷。今回は、舞台を日本に置き換えた新たな作品として送る。

キャスティングについては、中屋敷の意向もあり、チーム、グループ、劇団など、結束力を備えるメンバーをそろえるためにオーディションを実施。その結果、地方高校の柔道部員の主人公を演じる宮崎をはじめ、ライバル役で都会の高校のボクシング選手を演じる荒井敦史、柔道部の後輩を演じる三津谷亮、池岡亮介と「D-BOYS」のメンバーが選ばれた。

そして、ヒロインで帰国子女のバドミントン選手役にはバドミントン経験を持つ桜井美南に決定。さらに、Dステ初参加となる小林正寛が、柔道部の顧問や主人公の父親役など、さまざまな大人役を担い脇を固める。

また、ストレートなタイトルにある通り本作の大きな見どころの一つとなるのは柔道シーン。韓国版ではオリンピックメダリストが「本物のようだ」と評したほどで、今回の日本版でも本格的な柔道シーンを目指すため宮崎はすでに稽古を開始しているとのことだ。

この記事の写真

  • 『柔道少年』ビジュアル
  • 『柔道少年』宮崎秋人
  • 『柔道少年』荒井敦史
  • 『柔道少年』三津谷亮
  • 『柔道少年』池岡亮介
  • 『柔道少年』桜井美南
  • 『柔道少年』小林正寛
  • 『柔道少年』宮崎秋人 柔道ビジュアル

インフォメーション

Dステ20th
『柔道少年』

【スタッフ】作=イ・ジェジュン/パク・キョンチャン 演出・上演台本=中屋敷法仁
【スタッフ】宮崎秋人/荒井敦史/三津谷亮/池岡亮介/桜井美南/小林正寛

■東京公演
2017年2月9日(木)〜21日(火)
・会場=ザ・スズナリ

■大阪公演
2017年2月24日(金)〜26日(日)
・会場=ABCホール

各公演とも
・一般前売=12月24日(土)開始
・料金=全席指定6,500円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8740