AKB48・木崎ゆりあが東京マハロ『紅をさす』で初舞台に挑戦 - 2016年9月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

AKB48・チームBでキャプテンを務める木崎ゆりあが、12月に行われる東京マハロ第18回公演『紅をさす』で初舞台に挑戦する。

TBSの深夜ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の脚本を手掛けるなど、活躍の幅を広げている矢島弘一が主宰する同劇団。これまで不妊治療や震災直後の被災地、いじめ問題など社会派のテーマに挑んできた矢島の作品で、木崎が見せる新たな一面にファンは期待しよう。

■木崎ゆりあ
メンバーが舞台に出演している姿を見ていて、ずっとカッコいいなと思っていて、やりたいって気持ちがすごくあったので、秋元先生に「舞台やる?」って聞かれて、即答で「やります!」って答えました。初舞台ということで、今はすごくドキドキわくわくしています。普段の劇場やコンサートとは違う雰囲気の私が見られると思うので、その雰囲気を楽しんでいただければと思います。また、私のことを知らない方の印象に残れるように、頑張って舞台の世界観に入っていけたらと思います。

インフォメーション

東京マハロ 第18回公演
『紅をさす』

【スタッフ】作・演出=矢島弘一
【キャスト】金替康博(劇団MONO)/福田ゆみ/中川慶二/お宮の松/工藤潤矢/内谷正文/篠原あさみ/福澤重文/竹田りさ/市川大貴/西野優希/春木生/木崎ゆりあ ほか

2016年12月7日(水)〜14日(水)
・会場=東京芸術劇場 シアターウエスト
・一般前売=10月15日(土)開始
・料金=全席指定 前売5,300円/当日5,800円

*記事中、木崎ゆりあの「崎」は正しくは「立つ崎」

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8751