山田和也を迎えた新演出版に ミュージカル『アニー』2017年公演オーディションが開催 - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『アニー』2017 オーディション 1 野村里桜(左)と会百花

▲ アニー役の野村里桜(左)と会百花

ギャラリーで見る(全4枚)


『アニー』2017 オーディション 2 左から野村里桜、山田和也、会百花

▲ 左から野村里桜、山田和也(演出)、会百花

画像を拡大

このほかの写真も見る

ミュージカル『アニー』2017年公演の最終オーディションが、2日に都内で行われ、アニー役2名と孤児役12名の子どもキャストが決定した。

1986年の日本初演から上演が重ねられ、多くの人びとから親しまれてきた本作。32年目となる17年公演は、16年間演出を担当したジョエル・ビショッフに代わり、新たに山田和也を演出に迎え、さらに、翻訳台本、振付・舞台美術・衣裳なども一新した新演出版の『アニー』を送る。

今年は、14年公演でモリー役として出演し、オーディションには2回目の挑戦となった小学4年生・9歳の野村里桜(のむら・りお)と、オーディション初挑戦の小学5年生・11歳の会百花(かい・ももか)の二人がアニー役に選ばれた。

二人は「前向きで、自分らしい、私にしかできないアニーを演じたいです」(野村)、「アニーはとっても明るくてかわいくて、みんなに愛される子だと思うので、それが伝わるように精いっぱい頑張りたいと思います」(会)とそれぞれに意気込みを語ると、演出を担う山田は「よかったね、頑張ったね。あなたたちの中にアニーってこういう子なんじゃないかと感じたということなんです。あなたたちは、あなたたちのままでいいので、これから頑張りましょうね」とエールを送った。

■山田和也
どうすれば『アニー』らしい『アニー』になるのか、『アニー』らしさとは何なのか、具体的なことは、デザイナー、プランナーの皆さんと一緒に、これから知恵を絞っていきますが、まずはこの二人に出会えたことが、きっと今回の『アニー』なんだと思います。この二人と一緒に新しい『アニー』をつくり上げていきます

また、オーディションは第2弾も行われ、11月にはダンスキッズ役16名が選ばれる。

この記事の写真

  • 『アニー』2017 オーディション 1 野村里桜(左)と会百花
  • 『アニー』2017 オーディション 2 左から野村里桜、山田和也、会百花
  • 『アニー』2017 オーディション 3
  • 『アニー』2017 オーディション 4 2016年アニー役河内桃子(左)、池田葵(右)

 

インフォメーション

丸美屋食品ミュージカル
『アニー』

【スタッフ】脚本=トーマス・ミーハン 作曲=チャールズ・ストラウス 作詞=マーティン・チャーニン 演出=山田和也 音楽監督=佐橋俊彦
【キャスト】野村里桜、会百花(Wキャスト) ほか

2017年4月下旬〜5月上旬
・会場=新国立劇場 中劇場

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8765