佐野瑞樹&大樹ユニット「WBB」次回公演は笑いを追求した“WBB版新喜劇”に - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
WBB 『スペーストラベロイド』

ジャニーズ事務所所属の俳優・佐野瑞樹と、演劇ユニット*pnish*のリーダー・佐野大樹による兄弟演劇ユニット「WBB」。その第11回『スペーストラベロイド』が12月に赤坂RED/THEATERにて行われる。

兄弟自身が交互に企画を担当し奇数回・偶数回で異なったカラーの作品を送る彼ら。奇数回となる今回は兄の佐野瑞樹による企画「通称Side-W」では毎回、ワンシチュエーションコメディーを上演している。

今回は、2050年の未来、宇宙旅行一般化に向けた最終テストが行われる宇宙船が舞台。一般公募で当選した新婚夫婦と、独占取材を勝ち取ったTVディレクターとカメラマン、乗組員、そして、超高性能人型アンドロイドロボ・メイサたちが巻き起こす騒動が描かれるのだが、今回はこれまでとは一味違う、“笑い”を徹底的に追及する作品になるという。

共演には、前回タッグを組んだ田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が座長を務める「田村亮一座」から、パンチ浜崎(ザ・パンチ)、元3人組お笑いユニット「ジューシーズ」の児玉智洋(サルゴリラ)とお笑いジャンルのメンバーが参戦。

瑞樹は「上質なワンシチュエーションコメディーにドタバタ感とバカバカしさを思いっきり足してやろうと思ってます! 言うなれば、“WBB版新喜劇”! キャストを見れば一目瞭然ですが、とにかく笑いに特化します。僕自身パワー負けしないようテンション高めで突っ走ります! いつもと少し違ったWBBをぜひ観に来てくださーい!」と気合のコメントを寄せている。

さらに、キャストには、細見大輔をはじめ、昨年までミュージカル『セーラームーン』で主演を務めた大久保聡美や、2.5次元舞台などでも活躍中の若手・尾関陸、川上将大、畠山遼、篠田諒など、多彩な顔ぶれがそろう。

インフォメーション

WBB vol.11
『スペーストラベロイド』

【スタッフ】作=羽仁修 演出=亀田真二郎(東京パチプロデュース)
【キャスト】佐野瑞樹/佐野大樹/細見大輔/パンチ浜崎(ザ・パンチ)/尾関陸/児玉智洋(サルゴリラ)/川上将大/大久保聡美/畠山遼/篠田諒

2016年12月3日(土)〜11日(日)
・会場=赤坂RED/THEATE
・一般前売=10月23日(日)開始
・料金=全席指定5,800円

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8774