三宅裕司ら「熱海五郎一座」新橋演舞場 第4弾公演ゲストに藤原紀香が登場 - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

三宅裕司率いる「熱海五郎一座」の新橋演舞場公演第4弾が、2017年6月に開催決定。ゲストには藤原紀香を迎える。

東京の喜劇“軽演劇”を上演し“東京の笑い”を盛り上げようと2004年に旗揚げされた伊東四朗座長の「伊東四朗一座」を継承すべく、2006年に三宅が立ち上げた「熱海五郎一座」。毎年、“伊東、熱海もしくは合同公演”という形で、多彩な女優たちを迎え抱腹絶倒のステージを展開してきた。

14年からは新橋演舞場にも進出し、沢口靖子・朝海ひかる(第1弾)、大地真央(第2弾)、松下由樹・笹本玲奈(第3弾)と毎回約5万人以上の観客を動員し好評を博してきた。同劇場第4弾となる今回は、片岡愛之助との結婚でも話題の藤原を迎え、三宅らおなじみの一座メンバーとともに爆笑ミステリーを送る。

■三宅裕司
13年前に伊東四朗一座として旗揚げしてから常に「来年はもっと面白いものを!」という想いを胸に東京喜劇、熱海五郎一座をつくり続けてきました。来年は、推理劇でありながらギャグ満載の面白さが話題となりチケットの入手が困難になるような作品を目指したいと思っています。そのためには、強い個性の一座の男優陣の中に入っても負けない実力と美ぼう、そして何よりも強いオーラを持った女優さんが必要です。最初に浮かんだのが藤原紀香さんでした。それが現実となった今、芳醇な笑いとともにグラマラスな魅力溢れる美人女優・藤原紀香が謎を解く“フルボディミステリー”の幕開けが本当に楽しみです。

■藤原紀香
“東京喜劇”と銘打って14年、新橋演舞場のシリーズも4作目という人気公演に、今まですてきなゲストを招かれ華やかなステージをしてこられた一座に呼んでいただき誠に光栄にございます。これまで熱海五郎一座の客席側にいた私は、爆笑に次ぐ爆笑で、顔やお腹の筋肉が鍛えられ「あー、今日も笑った、笑った、爽快だ!」と帰ったものです。しかし、今度は“笑い”を客席の皆様に届ける側に……! さあ、これは大変だ。喜劇は役者にとって大変難しいものです。が、チャレンジのしがいもあります。その上、歌あり、ダンスあり、アクションありのエンターテインメント!! 「貴女の新しい一面を引き出すつもりです!」と座長であり演出家の三宅さんからうれしいお言葉をいただきました。役者冥利に尽きる作品になるべく、しっかり東京の笑いを心で感じ、お稽古に精進し、お客さまに楽しんでいただけるよう頑張ります。そして、個性豊かで素晴らしい芸の達人である一座の皆さま方と共演できること、今から本当に楽しみです。私の中の“コメディエンヌ”が開花するのか、皆さま、どうぞ見届け人になってくださいませ。一座の皆さまとともに、お客さまの口角を上げ、笑って帰っていただけるよう気愛を入れてがんばります!

この記事の写真

  • 熱海五郎一座 新橋演舞場第4弾 ビジュアル
  • 藤原紀香

インフォメーション

東京喜劇 熱海五郎一座
新橋演舞場シリーズ第4弾
フルボディミステリー『消えた目撃者と悩ましい遺産』

【スタッフ】出演・構成・演出=三宅裕司 脚本=吉高寿男
【キャスト】渡辺正行/ラサール石井/小倉久寛/春風亭昇太/東貴博、深沢邦之(交互出演)/劇団スーパー・エキセントリック・シアター
ゲスト=藤原紀香

2017年6月
・会場=新橋演舞場

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8786