新生「セーラー5戦士」が登場 ミュージカル『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』が開幕 - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 16

▲ 左から、楓、竹内夢、野本ほたる、大和悠河、小林かれん、長谷川里桃

画像を拡大

このほかの写真も見る

ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の新作「−Amour Eternal(アムール・エターナル)−」が、15日にAiiA 2.5 Theater Tokyoにて開幕。その初日に先立って公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

「美少女戦士セーラームーン」20周年記念プロジェクトの一環として、2013年に8年ぶりの復活を果たした『セラミュー』。前回の第3弾「Un Nouveau Voyage(アン・ヌーヴォー・ヴォヤージュ)」をもって、大久保聡美らセーラー戦士役の5名が卒業に。高校生になったうさぎたちが、ゴールデン・クリスタルをめぐる戦いを繰り広げる「デッド・ムーン編」を描く本作からは、野本ほたる(セーラームーン/月野うさぎ役)、竹内夢(セーラーマーキュリー/水野亜美役)、小林かれん(セーラーマーズ/火野レイ役)、楓(セーラージュピター/木野まこと役)、長谷川里桃(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)が新たに5戦士役を引き継ぐ。

日本のみならず世界から愛されるキャラクターたちを演じる彼女たち。野本は「楽しくやってます」と笑顔を見せ、マイペースなムードだが、「でも、ちょっとした動作でも“うさぎちゃんだったらどうするんだろう?”とかを考えていくと難しいです」と役づくりへの真摯な姿勢をのぞかせた。

そんな新5戦士たちに初演からタキシード仮面/地場衛を演じ続けている大和悠河は「普段から5戦士のように仲良いよね。初めての顔合わせから大丈夫だと感じていました。それぞれにぴったりとハマるものをみんな持っていて“あ、これはいいな”と思いました」と太鼓判。続けて「お稽古の始めのころは迷いながらだったけど、一生懸命頑張ってやっている姿がほほえましくて。初日に近づくにつれて、強くなっていくので、『セーラームーン』をつくっていく過程がみんなを戦士にしていくんだなと感じました」と感慨深い様子で語った。

さらに、初日に向けて「お客さまが入った舞台に立つと、さらに、自分に自信が持てるし、羽ばたいていけると思うので、初日の自分に感じる感覚やときめきを大切にしていったらいいんじゃないかな」とエールを送ると、このメッセージを目を輝かせて受け取った5人は「はい!」と力強く声をそろえて応えた。

そのほか、会見での主なコメントは以下の通り。

■野本ほたる セーラームーン/月野うさぎ役
今回の稽古が始まって、うさぎちゃんのことを考えれば考えるほど思いが強くなって、今こうしてセーラームーンとしてこの場に立てていることにとても感謝しています。東京・福岡・大阪と3都市で上演しますが、タキシード仮面様とセーラー10戦士、そしてカンパニーの皆さんとともに、セーラームーンの愛をお届けできるようにがんばります。よろしくお願いします。

■大和悠河 タキシード仮面/地場衛役
私は今回で4度目ですが、1年に1度だけ男になる、タキシード仮面・地場衛になるのが大変快感でして、この楽しい時間を大切に過ごしたいと思っています。新生5戦士は、とにかく! フレッシュでキラキラしています。地場衛としては、“胸の中の星”が爆発しますので(笑)、それを楽しみにしていてください。今回は、“夢と星”がテーマなので、観に来られたお客さま自身の胸の中の星が、帰る時にはキラキラ輝いているようなミュージカルになっていますので、ぜひ観にいらしてください。

■竹内夢 セーラーマーキュリー/水野亜美役
今回の公演から、私たちが新たな5戦士となります。前作まで演じられた先輩方が、3年間で必死につくり上げたセーラームーンへのたくさんの愛や友情を、私たちが受け継ぎ演じることにプレッシャーはありますが、私たち5人にしかできないものを来てくださった皆さまにお届けしたいと思っています。千秋楽までよろしくお願いします。

■小林かれん セーラーマーズ/火野レイ役
新たな5戦士の一人としてこの場に立てることが光栄です。稽古中から、自分がすごく成長できる場だと感じていたので、今までの小林かれんを観るのではなく、セーラーマーズ/火野レイとしてお客さまに観ていただけるよう、精いっぱい頑張りますので、よろしくお願いします。

■楓 セーラージュピター/木野まこと役
オーディションでジュピターに決まってからお披露目イベントまで、お披露目イベントから稽古まで、稽古から今日まで、とても長いようですごく短くて、いまだだに緊張していますが、千秋楽までセーラージュピターとして精いっぱいがんばりますのでよろしくお願いします。

■長谷川里桃 セーラーヴィーナス/愛野美奈子
これまで先輩方がつくり上げてきたミュージカル『美少女戦士セーラームーン』に、今作から私たちの新しい色も加えて、大切に築き上げていきたいです。『セラミュー』が大好きな皆さん、スタッフ・キャストの方々に支えられて、私たちは今日ここまで頑張ってくることができました。ここからは私たちが、舞台を観てくださる方々にパワーを届けられるような存在になりたいと思っています。よろしくお願いします。

この記事の写真

  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 1
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 2
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 3
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 4
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 5
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 6
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 7
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 8
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 9
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 11
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 11
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 12
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 13
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 14
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 15
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 16
  • 『美少女戦士セーラームーン−Amour Eternal−』開幕 17

 

インフォメーション


■福岡公演
2016年10月29日(土)〜30日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■大阪公演
2016年11月4日(金)〜6日(日)
・会場=サンケイホールブリーゼ

*記事中、高橋果鈴の高は正しくは「はしご高」

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8791