石丸幹二&安蘭けい出演 ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が開幕 - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スカーレット・ピンパーネル』開幕 1 石丸幹二(左)と安蘭けい

▲ 石丸幹二(左)と安蘭けい

ギャラリーで見る(全11枚)


『スカーレット・ピンパーネル』開幕 11

▲ 左から、佐藤隆紀、石井一孝、石丸幹二、安蘭けい、平方元基

画像を拡大

このほかの写真も見る

石丸幹二&安蘭けいが主演を務めるミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が、19日に赤坂ACTシアターにて開幕。その初日公演に先立って公開舞台稽古と囲み会見が行われた。

本作は、イギリスの人気小説・戯曲をもとに、フランク・ワイルドホーンの音楽により、1997年にブロードウェイで初演されたミュージカル。フランス革命以降、貴族たちが次々と処刑される恐怖政治が続くヨーロッパを舞台に、無実の人びとを救う秘密結社「スカーレット・ピンパーネル」を立ち上げたイギリス貴族パーシーと、彼の妻で元女優のマルグリット、そして、「スカーレット〜」の壊滅をもくろむショーヴランたちのドラマが描かれる。

初日を前にして石丸は「気が付けば明日が初日と、怒濤のような稽古の日々でしたが無事スタートを切れそう。素晴らしい世界を皆さんに見せられる」と胸を張ると、安蘭も「本当に素晴らしい衣裳を着させてもらっています。この衣裳でより世界観が広がっている。幕が開くのが楽しみ」と笑顔。ブロードウェイ版をベースにブラッシュアップした今回に「新しい『スカーレット・ピンパーネル』が出来上がっている」と自信を見せた。

ショーヴラン役の石井一孝は「安蘭けいちゃんを石丸さんと取り合って勝負するので“勝負ラン”という芸名に変えようかと(笑)。今も稽古で息をつかせぬフェンシングで石丸さんと決闘したばかりなので、お客さまに息をつかせぬような面白さでお届けできたら」と笑いを取りながら意気込むと、ロベスピエールとプリンス・オブ・ウェールズの二役を演じる佐藤隆紀(LE VELVETS)は「ロベスピエールは新曲を書いていただいたので新しい部分を見ていただける。良いスパイスになれるように演じたい」と、同役をWキャストで担う平方元基は「先ほどワイルドホーンさんにお会いした時に『ロベスピエールの新曲はタダでは歌わせない難しい曲にした』と言われましたので、なんとか攻略して、皆さまのもとに届けたいと思います」とそれぞれに気合を入れた。

石丸との初共演に「信じられないくらい息ピッタリ」と笑う安蘭は、2008年に行われた宝塚歌劇団での日本初演ではパーシー役を務めた。当時を振り返り「あの時は、マルグリットのことはあまり考えていなかったな(笑)。今思うともっと大切にしたらよかったなと思います」とコメントすると、石丸はすかさず「大切にしてるよ」とアピール。そして「たくさんアドバイスをいただいたし、彼女の舞台を観ていたので、その記憶とアドバイスとを役づくりに生かしたので、一緒に役をつくり上げた感じ」と続けた。

今回は、女性役マルグリットとしてパーシーの相手役を務める安蘭。石丸のパーシーには「パーシーってカッコいいなとあらためて思いました。自分がやっている時は、女性が演じる“夢の世界のパーシー”だったけど、現実にこんな男性がいたら付いていきたくなる感じ。男の人が演じるとこうなるんだと、もう一度演じてみたくなりました」と感想を述べた。一方、石丸も「マルグリットが素晴らしいんです。可憐で妖艶でキュート、いろいろな姿を見せるので楽しみにして」と絶賛した。

カンパニーの様子を問われ、石丸が「毎日みんなで話し合いながら、演出のガブリエル(・バリー)さんともいいコミュニケーションを取って稽古してきた。日本の演劇界で新鮮なことがたくさんあって吸収できたし、前向きでポジティブなカンパニー」と答えた通り、キャストたちは和気あいあいとしたムード。最後に石丸は「私たち総勢の力で皆さんを夢の世界へ連れて行きます。期待していてください」と力強いメッセージを送り会見を締めくくった。

東京公演は26日(水)まで。その後、30日(日)から11月7日(月)までの梅田芸術劇場 メインホールでの大阪公演を経て、11月24日(木)から29日(火)まで東京国際フォーラム ホールCにて東京凱旋公演が行われる。

この記事の写真

  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 1 石丸幹二(左)と安蘭けい
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 2
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 3
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 4
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 5 サムネイル
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 6
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 7
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 8
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 9
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 10
  • 『スカーレット・ピンパーネル』開幕 11

インフォメーション


■大阪公演
2016年10月30日(日)〜11月7日(月)
・会場=梅田芸術劇場 メインホール
・料金=全席指定S席13,000円/A席9,000円/B席5,000円

■東京凱旋公演
2016年11月24日(木)〜29日(火)
・会場=東京国際フォーラム ホールC
・料金=全席指定S席13,000円/A席9,000円/B席6,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8798