俳優の平幹二朗さんが死去 - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

俳優の平幹二朗さんが、23日に死去した。82歳だった。都内の自宅の浴室で倒れているのを発見され死亡が確認されたという。

広島県生まれ。俳優座養成所を経て1956年に俳優座に入団。俳優としての活動をスタートさせる。浅利慶太演出による『アンドロマック』『ハムレット』、故・蜷川幸雄さん演出による『王女メディア』『近松心中物語』『NINAGAWA マクベス』などで高い評価を受け、日本を代表する俳優の一人として活躍した。一方で自身も「幹の会」を主宰し、シェイクスピア作品の上演をライフワークとして続けてきた。

TVや映画などでも幅広く出演。63年放送開始のドラマ「三匹の侍」で人気を集めたほか、NHK大河ドラマでは「樅ノ木は残った」と「国盗り物語」で主演を務めた。

84年に芸術選奨文部大臣賞を受賞、98年に紫綬褒章、2005年に旭日小綬章を受章した。このほか、読売演劇大賞、紀伊國屋演劇賞、毎日芸術賞など受賞多数。

1970年に佐久間良子と結婚し、双子をもうけたが84年に離婚。長男の平岳大も俳優として活動している。

舞台では今月9日まで『クレシダ』に出演していたほか、現在フジテレビ系で放送中のTVドラマ「カインとアベル」にも出演中だった。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8804