声優・俳優・演出家の肝付兼太さんが死去 - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

声優・俳優の肝付兼太(きもつき・かねた 本名:肝付兼正=きもつき・かねまさ)さんが、20日、肺炎のため死去した。80歳だった。

鹿児島出身。独特なしゃがれた声を生かし、人気アニメ「ドラえもん」の骨川スネ夫役を1979年から2005年まで務め、世代を超えて多くの人びとに親しまれた。このほか、「銀河鉄道999」の車掌、「おそ松くん」のイヤミ、「ドカベン」の殿馬、「怪物くん」のドラキュラ、「忍者ハットリくん」のケムマキなど数々の人気キャラクターを担ってきた。

また、自身が主宰を務める劇団「21世紀FOX」を1983年に創設。俳優・演出家として、北村想作品を中心としたさまざまな作品を上演し、若手の育成指導にもあたった。劇団は今年6月いっぱいで無期限の充電期間に入っていた。

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8805