大原櫻子 初主演舞台『リトル・ヴォイス』が5月に上演 共演に安蘭けい - 2016年10月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

大原櫻子が初主演に挑む舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』が、2017年5月に天王洲 銀河劇場にて上演される。

物語の舞台は、1992年のイギリス北部の田舎町。大原演じる主人公は、消え入りそうな小声でしか話さないために、母親から“リトル・ヴォイス”(以下、LV)と呼ばれる少女だ。家に引きこもり、人と会うこともない彼女の唯一の楽しみは、父親の形見の古いレコードを聴くことだった。一方、母親のマリーは、酒と男が大好きで、娘のことなど気にもかけずに奔放に遊び回っている日々を送っていた。そんなある日、マリーの新しい恋人で、うだつの上がらない芸能プロモーターのレイは、ジュディ・ガーランドやマリリン・モンローなど、往年の有名歌手たちのモノマネを完璧にマスターしたLVの見事な歌声に魅了されて……。殻に閉じこもり部屋から出られない一人の少女が、歌の力で自分の人生を切り拓いていく過程を描いた感動のドラマがつづられる。

1992年にロンドン・ナショナル・シアターにて、サム・メンデス演出により初演され好評を博した本作。マーク・ハーマン監督が手掛けた映画版も、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞やアカデミー賞助演女優賞ノミネートなどで話題を集めた。

今回の日本版演出を手掛けるのは劇団チョコレートケーキの日澤雄介。LVの母親マリー役には安蘭けいを迎える。

この記事の写真

  • 大原櫻子
  • 安蘭けい

インフォメーション

舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』

【スタッフ】作=ジム・カートライト 演出=日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
【キャスト】大原櫻子/安蘭けい ほか

■東京公演
2016年5月15日(月)〜28日(日)予定
・会場=天王洲 銀河劇場
・一般前売=2月開始予定

6月にツアー公演を予定

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8808