三津谷亮がミュージカル『黒執事』で世界1位の一輪車テクニックを披露 - 2016年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

この公演は新着記事があります



古川雄大の主演で、18日(金)よりTOKYO DOME CITY HALLほかにて上演されるミュージカル『黒執事 NOAH'S ARK CIRCUS』。本作に出演する三津谷亮が、世界1位の実力である一輪車の技を舞台上で披露するという。

19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国を舞台に、名門貴族ファントムハイヴ家の若き当主シエル・ファントムハイヴと、彼の執事、セバスチャン・ミカエリスが、女王の命を受け“裏”の仕事を請け負い活躍する姿を描く本作。新作となる今回は、特に原作でも人気の高い「サーカス編」の舞台化で、三津谷はナイフ投げのダガー役として出演する。

三津谷は俳優でありながら、2000年と04年に一輪車の世界大会で2連覇しているという異色の経歴の持ち主。今年はNHK大河ドラマ「真田丸」で豊臣秀保(新納慎也演じる豊臣秀次の弟役)として出演したことでも話題となり、活躍の幅を広げつつある。そんな彼のテクニックの一端は公演の公式Twitterの動画でも見ることができる。本番ではどんなパフォーマンスになるのか注目だ。

■三津谷亮
2000年、04年と世界大会を2連覇した僕の一輪車を、今回『黒執事』の“ノアの方舟サーカス”の世界で披露する機会をいただきました。実は、先日、NHK大河ドラマ「真田丸」の打ち上げの場でも特技として披露させていただき、キャスト・スタッフの皆さまから好評をいただきました! 一部で“一輪車の王子様”というあだ名をいただきましたが、舞台の世界でも王子様になれるように、一輪車で培った“心技体”の演技を生かしていければと思っています。11・12月、東京・福岡・兵庫・愛知と公演で回ります。フィギュアスケートシーズン真っただ中のこの期間、一輪車はまさに“舞台上のフィギュアスケート”だと思います。ぜひ劇場で体感してください!

この記事の写真

  • 『黒執事 NOAH'S ARK CIRCUS』稽古場 三津谷亮
  • 『ミュージカル「黒執事」〜NOAH'S ARK CIRCUS〜』ビジュアル
  • 『黒執事 NOAH'S ARK CIRCUS』ダガー役:三津谷亮

インフォメーション


■福岡公演
2016年12月3日(土)・4日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■兵庫公演
2016年12月9日(金)〜11日(日)
・会場=あましんアルカイックホール

■愛知公演
2016年12月17日(土)・18日(日)
・会場=刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

各公演とも
・チケット発売中
・料金=全席指定S席8,800円/A席6,800円

*高木俊の高は正しくは「はしご高」

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8841