『ロミオとジュリエット』誕生秘話を描く 観月ありさ、A.B.C-Z五関晃一ら出演『シェイクスピア物語』が上演 - 2016年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
観月ありさ

▲ 観月ありさ


観月ありさ、A.B.C-Z五関晃一らが出演する舞台『シェイクスピア物語』が、12月23日(金・祝)よりKAAT 神奈川芸術劇場ほかにて上演される。

本作は、トム・ストッパードの原作をヒントに得て、シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』誕生秘話を描くもの。400年前のロンドンを舞台に、当時実在した人びとが実名で登場し、シェイクスピアとヴァイオラの禁断の恋の物語がつづられる。

観月が演じるのは、『十二夜』の主人公と同じ名を持つヒロインのヴァイオラ。彼女は本作では女役だけではなく、初めて男役にも挑戦するという。また、五関は、シェイクスピアのライバル俳優であり友人のネッドを担う。そのほか、ヴァイオラを金でめとろとする大富豪ウェセックス卿役に藤本隆宏、ヴァイオラの母親・マーガレットに小川菜摘、シェイクスピアの良き理解者となる劇場主ヘンズロー役に秋野太作に決まった。

シェイクスピア役など、第2弾キャストは後日発表される予定。

インフォメーション

『シェイクスピア物語〜真実の愛〜』

【スタッフ】原案=トム・ストッパード 脚本・上演台本=元生茂樹/福山桜子 演出=佐藤幹夫
【キャスト】観月ありさ/五関晃一(A.B.C-Z)/藤本隆宏/小川菜摘/秋野太作 ほか

■神奈川公演
2016年12月23日(金・祝)〜25日(日)/2017年1月7日(土)〜9日(月・祝)
・会場=KAAT 神奈川県芸術劇場

■大阪公演
2017年1月21日(土)・22日(日)
・会場=梅田芸術劇場メインホール

■愛知公演
2017年1月28日(土)
・会場=中日劇場

各公演とも
・一般前売=12月11日(日)開始
・料金=全席指定S席9,500円/A席8,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8854