三浦涼介参戦で送る新作 古川雄大主演『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS〜』が開幕 - 2016年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 1 古川雄大(左)と内川蓮生

▲ 古川雄大(左)と内川蓮生

ギャラリーで見る(全15枚)


『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 2 三浦涼介

▲ 三浦涼介

画像を拡大

このほかの写真も見る

枢やなの同名漫画を舞台化したミュージカル『黒執事』。その最新作「NOAH'S ARK CIRCUS」が、本日18日にTOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。

19世紀後半、ヴィクトリア朝時代の英国を舞台に、名門貴族ファントムハイヴ家の若き当主シエル・ファントムハイヴと、彼の執事、セバスチャン・ミカエリスが、女王の命を受け“裏”の仕事を請け負い活躍する姿を描く本作。舞台版は、2009年の第1弾から上演を重ね、ファンからは“生執事”と呼ばれる人気シリーズとなり、昨年には、中国にて初の海外公演も成功させた。

待望の新作となる今回は、原作ファンからも人気が高い「サーカス編」を舞台化。移動式サーカス団「ノアの方舟サーカス」が訪れた街から子どもたちが姿を消すという事件の真相を探るため、シエルとセバスチャンがサーカス団に潜入する。

前作に引き続きセバスチャン役で主演を務めるのは古川雄大。古川は公開舞台稽古を終えて「今日の初日から愛知の大千秋楽まで、誰一人も欠けることなく、精いっぱい1公演1公演をやりたいと思います」と意気込みを見せた。彼とシエル役としてタッグを組むのは、オーディションで選出された内川蓮生。初々しい初舞台ながらも堂々としたシエルぶりで熱演を見せる。

サーカス編の要となるジョーカー役として参戦した三浦涼介は、朗らなキャラクターでサーカス団をまとめる一方で、背景の影を感じさせる役どころを体現。蛇使いのスネーク役の玉城裕規は、ミステリアスな存在感でサスペンスなドラマ展開を盛り上げる。

また舞台には、クラシカルなサーカス小屋をイメージしたセットが組み上げられている。ダークで怪しげながらも華やかな雰囲気が立ち上がる中、歌やダンスに加えアクロバット・パフォーマンスも展開。一輪車の世界大会を2連覇した経験を持つダガー役・三津谷亮もその高いテクニックを存分に発揮している。

バルドロイ(鷲尾昇)、フィニアン(河原田巧也)、メイリン(坂田しおり)トリオやアバーライン(高木俊)&ハンクスコンビら(寺山武志)おなじみの面々とのコミカルなパートも健在。新キャラ・ソーマ(陳内将)&アグニ(TAKUYA)も、ほほえましい掛け合いやインド風ダンスのにぎやかなパフォーマンスで楽しませてくれる。

東京公演は27日(日)まで。その後ツアー公演で、福岡、兵庫、愛知を巡る。なお、12月18日(日)の愛知での大千秋楽の模様は、全国の映画館でライブビューイングが実施される。上映館などの詳細は公式サイトを参照。

この記事の写真

  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 1 古川雄大(左)と内川蓮生
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 2 三浦涼介
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 3
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 4
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 5 陳内将(左)とTAKUYA
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 6 三浦涼介(左)と古川雄大
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 7 玉城裕規
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 8 左から倉知あゆか、三津谷亮、田野アサミ、後藤剛範、知念紗耶
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 9 内川蓮生(左)と三津谷亮
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 10 古川雄大
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 11 古川雄大(左)と内川蓮生
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 12 輝馬
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 13 内川蓮生(左)と古川雄大
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 14 三浦涼介(左)田野アサミ
  • 『黒執事〜NOAH'S ARK CIRCUS』開幕 15

 

インフォメーション


■福岡公演
2016年12月3日(土)・4日(日)
・会場=キャナルシティ劇場

■兵庫公演
2016年12月9日(金)〜11日(日)
・会場=あましんアルカイックホール

■愛知公演
2016年12月17日(土)・18日(日)
・会場=刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

*高木俊の高は正しくは「はしご高」

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8864