白熱バトルが展開するサスペンス 西岡徳馬VS新納慎也&音尾琢真『スルース〜探偵〜』が開幕 - 2016年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『スルース〜探偵〜』開幕 1 西岡徳馬(左)と新納慎也

▲ 西岡徳馬(左)と新納慎也

ギャラリーで見る(全10枚)


西岡徳馬、新納慎也&音尾琢真出×深作健太演出の演顔合わせで送る舞台『スルース〜探偵〜』が、本日25日に新国立劇場 小劇場にて開幕した。

本作は、ヒッチコック監督「フレンジー」やアガサ・クリスティー原作「ナイル殺人事件」などの脚本を手掛けたアンソニー・シェーファーが1970年に執筆したサスペンス戯曲。ロンドンとニューヨークでロングランを重ねた後、71年にはトニー賞やエドガー賞を受賞するなど好評を博した。また、ローレンス・オリヴィエ&マイケル・ケイン出演の72年の映画版はアカデミー賞3部門でノミネート。2007年にもマイケル・ケインとジュード・ロウによって再映画化されたほか。日本では1973年に劇団四季によって初演され、その後も上演が重ねられている人気演目となっている。

物語は、著名なミステリー作家アンドリュー・ワイクのもとに、妻の浮気相手である青年マイロ・ティンドルが訪れるところから始まる。マイロに対して追及するかと思いきや、自分にも愛人がいるというアンドリューは「浪費家の妻と付き合うには金がかかるだろう」と自身の所有する高価な宝石を盗んでほしいと持ちかける。アンドリューは盗難保険の保険金と愛人を、マイロは宝石と妻を手に入れるという計画なのだが……。

アンドリュー役を務める西岡に対して、マイロを新納&音尾のWキャストで演じる今回。初日公演を前にした公開舞台稽古では、新納出演の「探偵バージョン」が行われた。

本気なのかふざけているのか掴みきれない、ひょうひょうとした言動でマイロを翻弄するアンドリューと、まじめそうだがどこか間抜けなところもあるマイロ。何者かがアンドリュー宅に泥棒に入ったかのように見せかけようと、二人が奮闘する犯行計画は滑稽な様相を帯びているのだが、虚実入り混じる物語は次第に緊迫感に満ちていく。西岡&新納の熱のこもった白熱の演技バトルと、逆転に次ぐ逆転のストーリーで彩られたサスペンスフルな舞台が繰り広げられる。

西岡&新納の「探偵バージョン」は12月11日(日)まで。西岡&音尾の「スルースバージョン」は12月17日(土)から28日(水)まで行われる。その後、福岡、愛知、宮城を巡るツアー公演が行われる。

同じ記事の写真

  • 『スルース〜探偵〜』開幕 1 西岡徳馬(左)と新納慎也
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 2 新納慎也(左)と西岡徳馬
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 3 新納慎也(左)と西岡徳馬
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 4 新納慎也
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 5 西岡徳馬
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 6 西岡徳馬
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 7 新納慎也(左)と西岡徳馬
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 8 西岡徳馬(左)と新納慎也
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 9 西岡徳馬(手前)と新納慎也
  • 『スルース〜探偵〜』開幕 10 新納慎也(左)と西岡徳馬

インフォメーション

*記事中の西岡徳馬の「徳」は正しくは旧字体

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8880