世界的ベストセラー官能小説がミュージカルに 浜中文一×河原雅彦『フィフティシェイズ!〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜』が開幕 - 2016年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『フィフティシェイズ』開幕 1

▲ 玉置成実(左)と大澄賢也

ギャラリーで見る(全4枚)


関西ジャニーズJr.・浜中文一主演×河原雅彦演出のタッグによるミュージカル『50Shade(フィフティシェイズ)!〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜』が、本日、新宿FACEにて開幕した。

本作は、全世界で1億冊以上という驚異的なヒットを飛ばした大ベストセラー官能小説「50 Shades of Grey」が原作。若く有能だが心から人を愛せないサディストの青年実業家グレイと、ウブで恋すら知らない女子大生アナの歪んだ愛のカタチを過激な性描写で描き大きな話題となった作品だ。2014年には小説をパロディー化したミュージカル版がオフ・ブロードウェイで誕生。このたび、そのミュージカル版が「R-15指定」作品として日本初演を果たした。

キャストにはグレイ役を担う浜中をはじめ、玉置成実、明星真由美、安田カナ、佐藤仁美、大澄賢也といった、個性豊かなキャスト陣が集結した。

初日を前にした河原と浜中のコメントは以下の通り。

■河原雅彦(演出)
オフ・ブロードウェイ作品のグレイは太った三枚目のおじさんという設定だったので、ジャニーズの方と聞いて大丈夫かな? と思いましたが、とても変態でした(笑)。今では浜中くん以外の人にできるのか? と思うほどです。下品な作品だからこそ、演じる人に品がないとダメなんです。上品な方々が集まって、とてもいいキャスティングになりました。エロは普遍的なテーマで、いやらしいこと……、皆しているでしょう?(笑) エロは全世界で共通するコミュニケーションツールだと思っています。広い心で見守っていてください!

■浜中文一 グレイ役
演じていてとても楽しいです。稽古をしている内に、だんだん感覚が麻痺してくるんですよね(笑)。観に来てくださった人が、どんな反応をしてくれるか、とても楽しみです。どの場面も見どころで、全部観てほしいです……が、僕の脱いだところとか、注目してほしいです(笑)。本来の、真の浜中文一が出せる作品だと思っています! 皆一丸となって稽古してきました。観ている人も一緒になって楽しめる会場と作品になっていますので、ぜひ会場に足を運んで体感してほしいです。

東京公演は12月11日(日)まで。大阪公演は12月28日(水)・29日(木)にサンケイホールブリーゼにて行われる。

この記事の写真

  • 『フィフティシェイズ』開幕 1
  • 『フィフティシェイズ』開幕 2
  • 『フィフティシェイズ』開幕 3
  • 『フィフティシェイズ』開幕 4

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8884