小栗旬が福田雄一とのタッグでミュージカルに初挑戦 瀧本美織、ムロツヨシ、瀬奈じゅんらと『ヤングフランケンシュタイン』に出演 - 2016年11月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

小栗旬が主演を務めるミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』が、2017年8・9月に東京と大阪で上演される。

本作は、名作ゴシックロマン「フランケンシュタイン」をパロディー化したコメディー・ミュージカル。メル・ブルックス、トーマス・ミーハンら『プロデューサーズ』のクリエイティブ・スタッフにより、2007年にブロードウェイで初演され好評を博した作品だ。

今回は、ミュージカル初挑戦となる小栗を主演に迎えるほか、瀧本美織、ムロツヨシ、瀬奈じゅんなど、個性溢れるキャスト陣が集結。演出と上演台本は福田雄一が手掛ける。

「歌も踊りも大の苦手」だという小栗だが、本編ではメインやコーラスなどを合わせると10曲以上の楽曲を披露する予定とのこと。さらに意外にも、舞台でコメディーを演じるのも初めてだという。どんな一面を見せてくれるのか、ファンは注目しよう。

物語は、かつて怪物を生み出し、人びとを混乱に陥れたマッドサイエンティスト・フランケンシュタイン博士の葬儀から始まる。彼の孫息子フレデリックはニューヨークの有名な脳外科医になっていたのだが、祖父の死によってその城と遺産を継がなければならないことを知らされる。しぶしぶトランシルバニアの城に滞在することになったフレデリックだったが、やがて祖父の実験記録を読んでいくうちに、自分も同じように実験をしたいと思いはじめて……。

■小栗旬
福田さんからミュージカルやらない? と言われました。やるといいました。非常に後悔しております。歌も踊りも大の苦手です。でも、やります。大いに笑いにきてください。

■福田雄一
まずは“コメディーキング”のメル・ブルックスの作品をやらせていただけることに感謝です。この作品はブロードウェイで観ていますし、とてもにぎやかな宴会みたいなミュージカルというイメージです。日本の皆さんにもこの宴会の空気をそのままにお届けしたいと思います! そして、主役の博士は小栗くんにお願いしました。彼ならば日本のミュージカルシーンを覆して、ミュージカルの面白さを今よりももっとたくさんの人に知ってもらえるようなものを観せてくれることは確実です。映画「銀魂」の撮影中から歌と踊りの心配をしていましたが、一方で「1年後には劇団四季の役者さんレベルには行けると思う」という言葉が言える楽観主義者(笑)。実は僕にとって小栗くんの最大の魅力はそこだと思ってます。いずれにしろ、楽しい宴会をお客さまと一緒に楽しめればと思います!

この記事の写真

  • 小栗旬
  • 瀧本美織
  • ムロツヨシ
  • 瀬奈じゅん

インフォメーション

ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』

【スタッフ】作詞・作曲=メル・ブルックス 脚本=メル・ブルックス/トーマス・ミーハン 演出・上演台本=福田雄一
【キャスト】小栗旬/瀧本美織/ムロツヨシ/保坂知寿/吉田メタル/宮川浩/瀬奈じゅん ほか

■東京公演
2017年8月11日(金)〜9月3日(日)
・会場=東京国際フォーラム ホールC

■大阪公演
2017年9月7日(木)〜9月10日(日)
・会場=オリックス劇場

各公演とも
・一般前売=4月16日(日)開始予定
・料金=全席指定S席12,000円/A席9,000円/B席7,000円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8883