楳図かずおの世界が舞台に立ち上がる 高畑充希&門脇麦主演ミュージカル『わたしは真悟』プレビュー公演 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『わたしは真悟』プレビュー開幕 1 門脇麦(左)と高畑充希

▲門脇麦(左)と高畑充希

ギャラリーで見る(全17枚)


『わたしは真悟』プレビュー開幕 8 成河

▲ 成河

画像を拡大

このほかの写真も見る

楳図かずおの漫画を舞台化したミュージカル『わたしは真悟』のプレビュー公演が、本日2日よりKAAT 神奈川芸術劇場にて行われる。

原作は、82年から86年まで小学館「ビッグコミックスピリッツ」に連載された長編SF漫画。小学生男女・真鈴(マリン)と悟の愛の逃避行の末に、産業用ロボットに二人の子ども“真悟”としての自我が生まれるというストーリーで、「神とは何か」「意識とは何か」「人間とは何か」といった形而上学的テーマに挑んだ意欲作だ。

舞台は、333mの東京タワーのてっぺんから真鈴と悟が東京タワーから飛び降りるという、原作でも印象的なシーンからスタートする。真鈴と悟がお互いに深く愛し合うことで、人知を超えた一つの奇跡が起こる。二人の遊び相手だった産業用ロボットに自我が宿ったのだ。ロボットは自分を悟と真鈴の間にできた子どもであることを認識し、二人から1文字ずつとった「真悟」を名乗る。離ればなれになってしまった真鈴と悟、そして、二人の愛を守るため真悟は立ち上がる……。

真鈴と悟をそれぞれ演じるのは高畑充希と門脇麦。高畑は遠い地へと引き離されながらも悟を思う真鈴をみずみずしく表現し、門脇は初ミュージカルながらも真っすぐな悟の姿を好演してみせている。

産業用ロボット・真悟は、本体の装置を操る数名のダンサーと変化の過程を語る成河により表現される。成河はコンテンポラリーな身体表現も巧みに駆使し、ロボットでありながら自我を獲得していく真悟をしなやかに体現。また、真悟のアームの先に取り付けられたカメラのライブ映像も舞台上のモニターに映し出され、真悟の視点も舞台展開に組み込まれる。

演出は、92年のアルベールビル冬季オリンピックの開・閉会式や、ロックバンド「ニュー・オーダー」のミュージックビデオなどを手掛けたフランスの鬼才フィリップ・ドゥクフレ。舞台奥に設置された巨大なスクリーンには、原作漫画のカットも取り入れたドゥクフレならではの映像が投影され、映像の数々はダンサーたちの身体表現と重なり合い、楳図の世界観を新たに舞台に立ち上げる。

また、怪しげな存在感を発揮する青年ロビンを演じる小関裕太、悟のためにかわいらしい奮闘を見せる大原櫻子、そして、オープンリールを操ることで生み出される独特な音楽も舞台を盛り上げる。

プレビュー公演は3日(土)まで。その後、静岡、富山、京都を巡るツアーを経て、1月には東京・新国立劇場 中劇場にて公演が行われる。

同じ記事の写真

  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 1 門脇麦(左)と高畑充希
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 2
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 3 左は成河
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 4
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 5 大原櫻子
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 6 小関裕太(上)と高畑充希
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 7 高畑充希
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 8 成河
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 9 高畑充希
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 10
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 11 大原櫻子(右)
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 12 成河
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 13
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 14 門脇麦(左)と高畑充希
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 15 門脇麦
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 16
  • 『わたしは真悟』プレビュー開幕 17 大原櫻子(左)と成河

インフォメーション

ミュージカル『わたしは真悟』

【スタッフ】原作=楳図かずお「わたしは真悟」(小学館刊) 脚本=谷賢一 演出・振付=フィリップ・ドゥクフレ 音楽=トクマルシューゴ/阿部海太郎 演出協力=白井晃
【キャスト】高畑充希/門脇麦/小関裕太/大原櫻子/成河 ほか

■プレビュー公演
2016年12月2日(金)・3日(土)
・会場=KAAT神奈川芸術劇場

■静岡公演
2016年12月9日(金)
・会場=浜松市浜北文化センター 大ホール

■富山公演
2016年12月15日(木)
・会場=オーバード・ホール

■京都公演
2016年12月23日(金)〜25日(日)
・会場=ロームシアター京都 メインホール

■東京公演
2017年1月8日(日)〜26日(木)
・会場=新国立劇場 中劇場

過去の関連記事

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8899