川島海荷、羽田美智子、内田理央がこけら落としに参加 新劇場「浅草九劇」製作発表会 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
「浅草九劇」会見 1 上段左から、田村孝裕、福原充則、富岡晃一郎、益山貴司、小野寺修二、中段左から奥田こころ、寺本莉緒、大森つばさ、佐々木七海、鎌田彩樺、百音、福地桃子、下段左から、北村優衣、羽田美智子、川島海荷、内田理央、久間田琳加

▲ 上段左から、田村孝裕、福原充則、富岡晃一郎、益山貴司、小野寺修二、中段左から奥田こころ、寺本莉緒、大森つばさ、佐々木七海、鎌田彩樺、百音、福地桃子、下段左から、北村優衣、羽田美智子、川島海荷、内田理央、久間田琳加

ギャラリーで見る(全19枚)


芸能事務所「レプロエンタテインメント」が、創立25周年プロジェクトの一環として、2017年4月に劇場とホテルと飲食店の複合施設「浅草九倶楽部(あさくさここのくらぶ)」をオープン。同施設の2階に新設される劇場「浅草九劇(あさくさきゅうげき)」のこけら落とし公演の製作発表会が行われた。

こけら落としシリーズのトップバッターを務める、福原充則&富岡晃一郎「ベッド&メイキングス」には川島海荷が出演。その後の、小野寺修二主宰「カンパニーデラシネラ」に続く、益山貴司&寛司兄弟率いる「劇団子供鉅人」には内田理央が、田村孝裕らの劇団「ONEOR8」には羽田美智子が参加することも明らかになった。

さらに、この日はレプロ所属の女性若手タレントから選抜された「ローファーズハイ!!」がお披露目に。“女子高生”という設定だけが決められ、あとはほぼ即興で歌い、踊り、演じるという彼女たちの公演。俳優、モデル、アーティストなどありとあらゆるフィールドを“巻き込むエンターテインメント”=「UZMK(ウズマキ)プロデュース」と銘打ち、劇場で定期的に上演を続けていくという。構成・演出を務めるのは子供鉅人の益山貴司、振付には広崎うらん、音楽監督にはINA、メインビジュアルに秋赤音と、少女たちをバックアップするアーティスト陣も多彩な顔ぞろえとなっている。

会見で、彼女たちは「学園祭の出し物として自主映画と遊園地どちらにするか、クラスを二分して話し合う女子生徒たち」という一場を、パイプ椅子だけを小道具に使って熱演。ラストにはフィンガー5の往年のヒット曲「学園天国」で締めくくるフレッシュなパフォーマンスを繰り広げた。

また、プロジェクトの一環として、劇場の基盤をつくることを目的に「銀座九劇アカデミア」が新設。未来を担うクリエイターたちの育成も進められる。

会見での主なコメントは以下の通り。

■福原充則(ベッド&メイキングス)
こけら落とし公演という責任ある立場を任せられまして、先日工事中の劇場を見ました。劇場を立ち上げる人たちとはもちろん接してましたが、工事に関わる現場の人たちの姿を見て、あらためて良い芝居をつくりたいと思いました。僕も若いころは現場で大江戸線の駅とかをいっぱいつくってきたのでそういう血が騒いでおります(笑)。今回の作品は、戦後の日本映画で一番最初にキスシーンを撮り、この国に“キス”という文化を広めた人たちの作品になります。新しい劇場は新しい文化の出発点です。キスから始まり恋人たちが愛し合い、結婚して子どもが生まれていくような、一点から広がるものをテーマに、こけら落としの劇場と併せて皆さんに伝えられたらと思います。

■富岡晃一郎(ベッド&メイキングス)
これまでに野外でやったり、閉館する円形劇場でやったりした機会がありましたが、今回はこけら落としということで、新しい劇場のきれいさを大切にしながらも、思い切り暴れたいと思います。われわれの劇団は毎回違うメンバーを集めているんですが、劇団という形で公演をしています。川島海荷ちゃんや八嶋智人さんと強力なメンバーがそろっていますが、皆さん劇団員として一から働いてもらって、すてきな作品をつくってもらえるように一丸となっていけたらと思います。海荷ちゃんも覚悟して劇団員だぞと思ってもらえたらうれしいです。すごく濃密なメンバーがそろっているので、こけら落としという勢いを借りて、濃厚な勢いのある作品をつくれたら。

■川島海荷
舞台出演はすごく久しぶりですごく緊張してますが、こけら落としの記念すべき作品に出させてもらえるのはすごく光栄です。お二人の話を聞いて、より楽しみになりました。私も劇団員として頑張ります。舞台は生モノですし、テレビより直で伝わるものが大きいと思うので、パワーと声を出していきます。こうして舞台に挑戦するのはチャンス。若手だと思ってきましたが、私より若い子も増えてきていて、闘争心を掻き立てられています(笑)。負けないように頑張ります。

■小野寺修二(カンパニーデラシネラ)
私は上野に住んでいるんですが、浅草にはいろいろな意味で、華やかでもあり不穏な空気もあり、そういう中で、あらためてお芝居に立ち向かえるのはうれしいです。僕はパントマイムが中心で、言葉は少なめな身体表現をやっているので、浅草に来られた外国の方も理解いただけるような、いろいろな表現があることを伝えていけたらと思います。今回は、3つ4つの小さな作品を並べてみようと考えています。劇場にいろいろな機構があるので試してみたいですね。映像や動きとか、一つの作品ではなく、いくつかの作品でいろいろ探して試したいと思います。

■田村孝裕(ONEOR8)
僕らは来年の12月と一番最後になるので、まだ中身は考えてませんが、図面を見る限りでは濃密な空間になりそうなので、濃密な面白い芝居を羽田さんと一緒につくっていけたら。作品の中身はまだなんですが、羽田さんとうちの劇団員の山口(森広)は子役時代にご縁があって、ドラマでご一緒する機会があったそうです。1時間ほどの待ち時間で、優しさからジャンケンをしようと話しかけてくれて、その後、1時間ずっとジャンケンをひたすらしていたそうです。山口は実は10分くらいで飽きてたそうなんですが(笑)、その人となりがとても魅力的で、そんな羽田さんに当て書きしようと思います。東京の劇場は西側に著名な劇場が集中してるので、新しく面白いものを発信できるような東側の劇場にできたらと思います。

■羽田美智子
数年前に伊東四朗さんと一緒に浅草でロケをしていて、「ここは俺にとっての聖地なんだ」とおっしゃっていました。日本の演劇を担うたくさんの方を輩出した街で、私には縁がないと思っていましたが、ありがたいことにチャンスをもらいました。ONEOR8には舞台は社会性があり、テーマがあり、最後にえっ?とストンと落とされる、いろいろな世界に連れて行ってくれる舞台だと思います。映像の人だと言われ続けてきましたが、その殻を破りたい。この渦に乗っかって、演劇人として目覚めたいという意気込みがあります。渦の始まりは“点”だと思うんです、海荷ちゃんたちの点が線につながって、最後に一番年上のわれわれにバトンが回ってきます。楽しい舞台にして次につなげて、渦のように演劇界にプラスの働きができるようになるように。

■益山貴司(子供鉅人)
うちの劇団は大阪生まれでして、東京でかましてやろうと、2年前に上京してきました。そんな血に飢えた演劇集団には、こけら落としは格好の“獲物”。全力で仕留めにいきたいと思います。並み居る先輩を前にしてここに立てるのは本当に光栄で、一番若い劇団として大阪人らしい前に出る汗をかく芝居をしていけたら。今日初めて、だーりお(内田理央)明かします。今回は「女子プロレス」の芝居にします。最初にお会いした時はホゲーっとしてて、この人大丈夫かいな? と思ったんですが、その後、主演映画を拝見したらすごく男前な芝居をやってはって、すごく化ける人なんだと感心して、驚いて、一緒に汗をかこうと女子プロレスにしました。だーりおは20代は、うちの劇団員も20代がメイン。汗をかいて、劇場を汚していくようなハチャメチャなものをつくっていくようにしたいですね。初めての劇場なので、うちが“何かの初めて”になりたい。「こけらでやったあの作品を超えたい」と下の世代から思われるような作品をつくりたいです。

■内田理央
デビューしてから久しぶりの舞台で、すごく今からドキドキしてます。前回の子供鉅人さんの芝居を観たのですが、とってもパワフルで、お芝居が好きで自由に動いてるのが伝わってきました。私もこんな皆さんのパワーの中でやっていくにはいろいろ鍛えないと思って、最近、寝る前にヨガをはじめました(笑)。最初は、身内で使う劇場かと思ったのですが、ワークショップなどもあり、すごく幅広く活躍できる場になると聞いて素直にうれしかったです。(劇場イメージビジュアルの)渦のデザインが好きで、浅草の和の感じと今のちょっとおしゃれな感じが融合していて、若い子にも浅草をもっと知ってもらって、お芝居をもっともっと好きになってもらえたらと思います。

この記事の写真

  • 「浅草九劇」会見 1 上段左から、田村孝裕、福原充則、富岡晃一郎、益山貴司、小野寺修二、中段左から奥田こころ、寺本莉緒、大森つばさ、佐々木七海、鎌田彩樺、百音、福地桃子、下段左から、北村優衣、羽田美智子、川島海荷、内田理央、久間田琳加
  • 「浅草九劇」会見 2 左から羽田美智子、川島海荷、内田理央
  • 「浅草九劇」会見 3 上段左から、寺本莉緒、大森つばさ、佐々木七海、鎌田彩樺、百音、下段左から、奥田こころ、北村優衣、久間田琳加、福地桃子
  • 「浅草九劇」会見 4 左から、富岡晃一郎、福原充則、川島海荷
  • 「浅草九劇」会見 5 福原充則
  • 「浅草九劇」会見 6 富岡晃一郎
  • 「浅草九劇」会見 7 川島海荷
  • 「浅草九劇」会見 8 小野寺修二
  • 「浅草九劇」会見 9 羽田美智子(左)と田村孝裕
  • 「浅草九劇」会見 10 田村孝裕
  • 「浅草九劇」会見 11 羽田美智子
  • 「浅草九劇」会見 12 内田理央(左)と益山貴司
  • 「浅草九劇」会見 13 益山貴司
  • 「浅草九劇」会見 14 内田理央
  • 「浅草九劇」会見 15 ローファーズ ハイ!! パフォーマンス 1
  • 「浅草九劇」会見 15 ローファーズ ハイ!! パフォーマンス 2
  • 「浅草九劇」会見 15 ローファーズ ハイ!! パフォーマンス 3
  • 「浅草九劇」会見 18 ローファーズ ハイ!! パフォーマンス 4
  • 「浅草九劇」会見 19 ローファーズ ハイ!! パフォーマンス 8

インフォメーション

ベッド&メイキングス
『あたらしいエクスプロージョン』

【スタッフ】作・演出=福原充則
【キャスト】八嶋智人/川島海荷/町田マリー/大鶴佐助/富岡晃一郎/山本亨

2017年3月3日(金)〜3月21日(火)
・会場=浅草九劇
・一般前売=12月10日(土)開始
・料金=全席指定 前売5,000円/当日5,200円

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8909