早くも第2弾が上演決定 加藤諒主演『パタリロ!』が開幕 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『パタリロ!』開幕 8 青木玄徳(左)と佐奈宏紀

▲青木玄徳(左)と佐奈宏紀

画像を拡大

このほかの写真も見る

魔夜峰央の人気漫画を加藤諒の主演で舞台化した『パタリロ!』が、8日に紀伊國屋ホールで開幕した。

原作は、“常春の国”マリネラ王国の舞台に、若き国王パタリロ・ド・マリネール8世こと、パタリロが巻き起こす騒動を描いたギャグ漫画。1978年から白泉社「花とゆめ」で連載がスタートした人気作で、82年にはTVアニメ化され、エンディング・テーマにもなった“クックロビン音頭”は広く親しまれた。

“殿下”に扮した加藤をはじめ、“美少年キラー”の異名を持つイギリス諜報機関MI6のエージェント・バンコラン役の青木玄徳、見紛う美ぼうの暗殺者マライヒ役の佐奈宏紀ら、ユニークなキャラクターたちが勢ぞろいし、歌とダンスとギャグを繰り広げる本作。早くも2018年春には第2弾公演も行われることが決定した。

初日を前にしたキャストと演出・小林顕作のコメントは以下の通り。

■加藤諒 パタリロ役
“座長”を初めてやらせていただくにあたり、座長という言葉にとらわれてしまってプレッシャーを感じてしまいましたが、演出の小林顕作さんに今日まで付いてきて、なんとかパタリロになれたのではないかと思います。劇場でぜひ僕のパタリロっぷりを観てください。

■青木玄徳 バンコラン役
たくさんの人の中に大きな印象を残した「パタリロ!」の2.5次元ミュージカル化にあたって、バンコランという大役をいただき光栄です。「パタリロ!」は、今でいうBL作品の先駆けということもあり、舞台でもバンコランとマライヒに注目してください。僕自身、男同士で……、という芝居をするのも初めてなので、ぜひ楽しんでもらいたいです。

■佐奈宏紀 マライヒ役
今回、最年少で舞台『パタリロ!』のカンパニーに参加させていただきました。僕が演じるマライヒは類稀なる美少年です。その色気を思う存分に発揮して、この舞台『パタリロ!』と、お越しいただく客席の皆さんを盛り上げたいと思っています。

■小林顕作(演出)
今回、パタリロ殿下を加藤諒くんが演じるということで、大きな反響をいただきましたし、僕も非常に期待しています。青木くんも言ったとおり、BLの先駆けな漫画なので、そのあたりの要素もふんだんに盛り込んでいます。また、ギャグ漫画なので、80年代・昭和のおおらかな“ギャグの世界”を存分に……。ハチャメチャな仕上がりになっています(笑)。また、カンパニー自体がとても仲良くみんなで楽しくやってきたので、舞台上にも溢れているであろうその雰囲気もご期待ください。

公演は25日(日)まで。

同じ記事の写真

  • 『パタリロ!』開幕 3
  • 『パタリロ!』開幕 1
  • 『パタリロ!』開幕 2
  • 『パタリロ!』開幕 4 加藤諒
  • 『パタリロ!』開幕 5
  • 『パタリロ!』開幕 6 青木玄徳
  • 『パタリロ!』開幕 7 佐奈宏紀
  • 『パタリロ!』開幕 9 青木玄徳(左)と佐奈宏紀
  • 『パタリロ!』開幕 9 左から、佐奈宏紀、加藤諒、青木玄徳

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8916