本田礼生&古田一紀らがチアリーディングに奮闘 舞台版『チア男子!!』が上演中 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

『チア男子』開幕 6

画像を拡大

このほかの写真も見る

朝井リョウの同名青春スポーツ小説を舞台化したLive Perfo rmance Stage『チア男子!!』が、9日よりAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演中だ。

ケガのために柔道をやめてしまった大学生の晴希と彼の幼なじみ・一馬が、男子だけのチアリーディングチームを結成し、それぞれに事情を抱える個性的なメンバーとともに、全国選手権を目指す姿を描いた本作。キャストには、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンにて青学8代目・菊丸英二役を務め、ダンスやアクロバットに定評のある本田礼生(坂東晴希役)、同じく青学8代目の主人公・越前リョーマ役を演じている古田一紀(橋本一馬役)のほか、料亭の跡取り息子でクールな知識人・溝口渉を演じる平田雄也、自分を変えたいという思いからチア部に加わる遠野浩司を演じる皇希、関西出身で生まれながらに何でもできてしまう天才・総一郎を演じる才川コージ、総一郎の幼なじみで密かにライバル心を燃やす弦役を演じる福澤侑、二枚目なのに私服がダサいチア経験者・徳川翔を演じる高野洸と、それぞれに高い身体能力を持つ7人が集結した。

フレッシュなキャストたちが、芝居・歌・ダンスやアクロバットのみならず、信頼関係や絆が核となる迫力と笑顔のスポーツ「男子チアリーディング」という新しい要素に奮闘。観客に元気やエールを送る、全力の笑顔でパフォーマンスを繰り広げる。

初日を前にしたキャストたちのコメントは以下の通り。

■本田礼生 坂東晴希役
やっぱりLive Performance Stage『チア男子!!』ということで、チアリーディングの魅力をしっかりと伝えて行けたらいいなと強く思っておりまして、あとはライブパフォーマンスステージと銘打っていますので、“ライブ感”というところをすごく大事にしているので、そこをしっかり伝えていけたらと思います。

■古田一紀 橋本一馬役
そうですねぇ……、今回の作品はいろいろ言うよりも体感していただかないと伝えきれないと思うので、ぜひ劇場に観に来てください。

■平田雄也 溝口渉役
僕たちは普段からお客さんだったりファンの方々からエネルギーをいただくことでこういう仕事をさせていただいておりますが、この作品はこうやって応援するという形で僕たちがお客さまにエネルギーを還元する、貴重な経験であり、貴重な場だと思っています。なので、来てくださる皆さまにはいつも以上にいろいろな感情とか元気とかそういうものを持って帰っていただけるような舞台になるように、僕たち一丸となってやってきたので、ぜひ一体感にも注目していただきたいと思います。

■皇希 遠野浩司役
今回、稽古期間があっという間だったんですけど、僕が今まで経験したことのないことや経験すると思っていなかったことまで皆で挑戦させてもらって、本当にたくさんのことを感じて悔しかったりうれしかったり楽しかったりという気持ちをすべてチアを通して、観に来てくれる皆さまに応援という形で伝えられたらなと思っております。

■才川コージ 総一郎役
『チア男子!!』だけに、男子だからできる迫力だったり、男子だからできるパフォーマンスやパワーというものを、「ライブパフォーマンスステージ」なので思いきり出していけたらいいなと思っています。男のパワフルなチアを見せてやるぞ!です!

■福澤侑 弦役
僕たち全員が『チア男子!!』では新たな挑戦をしています。ファンの皆さま、観に来てくれる皆さまの応援が僕たちの力になります。そして、それを会場にいる皆さまを含めて、僕たちは全力で応援という形で恩返しするので、ぜひ楽しみにしてほしいと思います。

■高野洸 徳川翔役
イケメンという役をやらせていただくということで、プレッシャーを感じ、物語だと後半で入ってくるメンバーなので、緊張もしています。チアはケガも隣り合わせなので、みんなでチーム一丸となって、アクロバットなども精いっぱい取り組んでケガがないように千秋楽まで突っ走って頑張っていきたいなと思います。来てくださる皆さまにチアの魅力とか、コールアンドレスポンスの楽しさを伝えて、ぜひ楽しんで帰っていただけたらなと思います。

■伊藤マサミ 脚本・演出
このLive Performance Stage『チア男子!!』という作品は、僕が本当に20代のころから「こんな舞台をいつか観てみたい、つくりたい」と思っていた作品です。本当に出会いだなと思います。この出会いを大切につくっていきたいなと思いここまで稽古をしてきました。演劇でありライブである、ライブでありその中にドラマがある。見どころといいますか、体感のしどころと言いますか、“参加して体感する”、そんなLive Performance Stage『チア男子!!』にしていきたいと思っております。

この記事の写真

  • 『チア男子』開幕 1
  • 『チア男子』開幕 2
  • 『チア男子』開幕 3
  • 『チア男子』開幕 4
  • 『チア男子』開幕 5
  • 『チア男子』開幕 6

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8922