山崎育三郎主演×宮本亜門演出で描くドラァグクイーンたちの華やかな珍道中 ミュージカル『プリシラ』が上演中 - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する
『プリシラ』開幕 1 左から古屋敬多、山崎育三郎、陣内孝則

▲ 左から古屋敬多、山崎育三郎、陣内孝則

ギャラリーで見る(全11枚)


『プリシラ』開幕 11 左から、古屋敬多、陣内孝則、山崎育三郎、ユナク、宮本亜門

▲ 左から、古屋敬多、陣内孝則、山崎育三郎、ユナク、宮本亜門

画像を拡大

このほかの写真も見る

山崎育三郎主演×宮本亜門演出のミュージカル『プリシラ』が、8日より日生劇場で上演中だ。

原作は、ステファン・エリオット監督で1994年に公開された、同名のオーストラリア映画。オーストラリアの砂漠を旅する3人のドラァグクイーンたちの珍道中を描いたロード・ムービーだ。ミュージカル版は、2006年にオーストラリアで初演。ヒットソングを散りばめたディスコ・ミュージックに乗せて、豪華絢爛な衣裳で歌って踊るエンターテインメント・ステージ作品として好評を博し、ウエストエンドやブロードウェイなど、15カ国以上で上演されてきた。

日本初演となるその初日を前に行われた囲み会見に、山崎のほかドラァグクイーン役として物語の主軸を担う陣内孝則とユナク(超新星)&古屋敬多(Lead)が登壇した。

陣内は「渡辺謙だったらやらないわよ(一同笑)」という役どころに、すっかり“オネエ口調”が板についた様子。「エレガントな役なので、常に宮本先生から言われてます。新しい扉が開いてきた」と話すと、宮本も「陣内ちゃんはほんとにいい子。役柄が身体に完全に入っている。陣内さんの個性には“FUN”だらけ」と絶賛した。

生意気な若者アダムを演じる古屋敬多(Lead)は「20着くらいの衣裳があって、一生分の女装したんじゃないかというくらい」と話すと、同じくアダム役をWキャストで担うユナク(超新星)は「楽しいです。パフォーマンスも多いし派手だし、死ぬまでに着ないような衣裳ばかり」と笑顔を見せると、陣内は「それは分からないわよ。どこかでチェンジする瞬間があるかも?」と笑わせた。

彼らが語る通り、会見ではドラァグクイーンのど派手な扮装を披露したが、亜門は「こんなもんじゃない。本当に見て驚くきますよ」とアピールしつつ「覚悟しないとできない役なので、そこは皆さんすごい。いくとこまでいってる」とキャストたちに太鼓判を押した。

劇中で歌もダンスもパフォーマンスはたっぷり盛り込まれ、宮本が「裏側では徹底して、だいぶ厳しい稽古でした。限界を超える挑戦なので、本当に皆さん苦しんでいました。よくここまできてくれたと思います」と明かすほど。山崎も「歌とダンスと芝居の同じだけ量があるんです。作品によっては芝居が多かったり、歌が多かったりするけど、これは何でもできないといけない。陣内さんが必死に踊ると男の陣内さんの顔が出てくる(笑)」と話すと、古屋も「踊ってるときの顔が怖い。赤ちゃんだったら泣いちゃうくらいですよ(笑)」と暴露した。

これに陣内は「いっぱいいっぱいなのよ。今まで踊りは拒否してきたんだから。みんな踊りがうまいの。私の時代は顔と人間性だけで36年もってきたけど、今の芸能界は踊って歌って、腕がないと駄目なの。私なんて介護状態よ」と冗談を交えて応えた。

ただ古屋も「いつもヒップホップの跳ねた踊りをやっている」というだけに、今回は普段とダンスのテイストと違うようで「ボディラインの見せ方を意識して、歩き方では腰を入れたり、ここ(股間)をアピールしたり(笑)、いろいろ勉強になりました」と笑った。

陣内も「女の人は大変ね。女性がキレイになるには気合と技術と外科手術!(一同笑) 女心もだんさんわかってきたわ」と充分に役づくりは仕上がっているようだ。

最後に山崎は「笑いあり涙ありの本当に振り幅の広いミュージカルで、2016年を締めくくる最高のエンターテインメントになってますので、ぜひ日生劇場で体感してください」とメッセージを送った後、「いくわよ!」と声を飛ばすと、メンバーはそろって「ソレソレ〜♪」と劇中にはない掛け声をアドリブでぴったり合わせてみせ、チームワークの良さをのぞかせた。

公演は29日(木)まで。

なお、現在発売中の「シアターガイド」1月号では、山崎、陣内、ユナク、古屋の座談会と宮本のインタビューを掲載。公演と併せてぜひこちらもチェックしていただきたい。

この記事の写真

  • 『プリシラ』開幕 1 左から古屋敬多、山崎育三郎、陣内孝則
  • 『プリシラ』開幕 2 中央はユナク
  • 『プリシラ』開幕 3 手前左から、ユナク、山崎育三郎、陣内孝則
  • 『プリシラ』開幕 4 左は山崎育三郎
  • 『プリシラ』開幕 5
  • 『プリシラ』開幕 6 中央はユナク(左)と山崎育三郎
  • 『プリシラ』開幕 7
  • 『プリシラ』開幕 8 キンタロー
  • 『プリシラ』開幕 9 手前左から、石坂勇、陣内孝則、山崎育三郎、古屋敬多
  • 『プリシラ』開幕 10 古屋敬多
  • 『プリシラ』開幕 11 左から、古屋敬多、陣内孝則、山崎育三郎、ユナク、宮本亜門

インフォメーション

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8929