団体賞はシーエイティプロデュースが受賞 「第51回紀伊國屋演劇賞」が発表に - 2016年12月 - 演劇ニュース - 演劇ポータルサイト/シアターガイド
サイト内検索
すべて|
公演名|
人名・劇団名|
劇場|
演劇ニュース
様々な条件で検索
こだわり検索
注目キーワード

演劇ニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースを購読する

紀伊國屋書店が主催する「第51回紀伊國屋演劇賞」が発表され、団体賞には、『End of the RAINBOW』『クレシダ』『テイクミーアウト』を上演したシーエイティプロデュースが選ばれた。

贈呈式は1月24日(火)に紀伊國屋ホールにて行われる。

インフォメーション

【第51回紀伊國屋演劇賞】

■団体賞
シーエイティプロデュース(『End of the RAINBOW』『クレシダ』『テイクミーアウト』の優れた舞台成果に対して。

■個人賞
佐藤誓(風琴工房企画製作『insider』における茂木正彦、タカハ劇団公演『嘘より、甘い』における先生の演技に対して)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ(キューブ企画・製作『ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない〜』の作・演出、世田谷パブリックシアター+KERA・MAP『キネマと恋人』の台本・演出に対して)
詩森ろば(NPO法人いわてアートサポートセンター主催『残花』、風琴工房企画製作『insider』の作・演出に対して)
高田聖子(月影番外地・サンライズプロモーション東京主催『どどめ雪』における幸子の演技に対して)
市川猿之助(Bunkamuraシアターコクーン公演『元禄港歌−千年の恋の森−』における瞽女・糸栄、シス・カンパニー公演『エノケソ一代記』における田所(エノケソ)の演技に対して)

関連サイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://www.theaterguide.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8940